TIPS

復興支援できるファッションって?

東日本大震災による被災者への、復興支援につながるアイテムです。デザインや質も良いので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか

東日本大震災のこと、忘れていませんか? 被災者への支援はさまざまな形で現在も続いていて、アパレルを通した活動も見られます。そのひとつが「東北コットンプロジェクト」です。津波被害で稲作ができなくなった農地にコットンを植え、農業を再開してもらおうというのが主な目的です。

アパレル関連の企業とともに「東北コットン」を用いた新事業をスタートすることにも成功。安定的な雇用の創出にも役立っています。誕生した主なアイテムは、デニム生地のエイジングが楽しめるジーンズ、オンからオフまで使えるボタンダウン仕様のポロシャツ、シルキーな光沢とソフトな触感が特徴の軽やかなストール、ふんわりとした柔らかい風合いで吸水性と保水性に優れるタオルなど。セレクトショップと組んだカーディガンなども登場しています。

東北コットンが使用されたアイテムを日常に取り入れるだけで、多少なりとも被災地とつながることができ、東北の農家を陰ながら応援することが可能です。クオリティも申し分ありませんので、ジーンズあたりから手に入れてみませんか? (撮影:石井幸久)

DATA

左から「フェイスタオル」1890円、「デニム(東北コットン TIGHT NARROW)」1万6800円、「ポロシャツ」8190円(東北コットンプロジェクト事務局 ※外部サイト TEL:03-5302-2043)

このページは2013年09月17日時点の情報です

メンズファッション

平 格彦

ライター、編集者、コラムニスト、[着こなし工学]ファウンダー。
出版社を経て独立。『Men’s JOKER』などの雑誌やウェブマガジンなどで執筆し、これまでに関わってきたメディアは50以上。
メンズファッションに関わってきた約20年の知見をベースにしつつ、着こなしの方法を科学的、多角的に分析して体系化している。

TOP