TIPS

海外にはカイロやマスクがないってホント?

現地で「持ってくればよかった!」と後悔しないように、ちゃんと出発前に準備しておきましょう

海外旅行前は準備で大あわて、「いざとなったら現地で買えばいいや」と思ってはいませんか? 実は、日本では当たり前のように買うことができても、海外では意外に手に入りにくいものがあります。

よく言われるのが「携帯用カイロ」。英語では「disposable hand warmer」と呼ばれることもありますが、日本製品が多く入り込んでいるアジアの国はともかく、欧米ではほとんど店頭で見かけることはありません。日本では冬の外出の必需品となっているマスクも同様。外国では「mask」と言えば「仮面」のことで、日本のものに似ているのが売られているとすれば、それは「surgical mask(医者が使う手術用マスク)」。

日本ではごく一般的になっている単4電池は英語で「AAA(トリプルエー)」と言いますが、海外ではまだ少数派。予備は持っていくようにしましょう。

意外に気づかないのが、ホテルのアメニティ。歯ブラシ、カミソリは当たり前というのは日本の常識。石けん、シャンプー、リンスだけというところも少なくありません。なお、ペットボトルの水はどこにでもありますが、水以外のペットボトルの飲み物はすべて甘いといっても過言ではないほど。ただの水ばかりでは飽きるという人は、緑茶や麦茶のティーバッグを持っていってはどうでしょうか。 (撮影:石井幸久)

このページは2015年01月21日時点の情報です

トラベル英会話

足立 恵子

朝日JTB・交流文化塾で英会話を指導。語学学習、国際交流、異文化コミュニケーションに関する書籍や雑誌記事の編集、執筆も手がけている。

TOP