TIPS

賢すぎるライト

スマートフォンで、照明を思いのままに操作できる。なんとその数、1600万色以上

フィリップスのLED電球「Philips hue(ヒュー)」は、iOSおよびAndroidデバイスからネットワーク経由で照明をコントロールして、好みの明かりを作り出せるという新世代の照明です。照明の仕事は従来、単に“明るい”ということだけだったわけですが、今や、自分の生活や用途に応じて変化させることができます。黒やグレーなどを除き、自然界のあらゆる色を表現できる1600万色以上の表現力を持ち、スマホ内の写真から目的の色を探して、その色にすることもできます。

また、照明が人体に及ぼす作用を研究し、そこから作られた“くつろぐ”、“集中する”、“本を読む”、“やる気を出す”という4つの効果を持つプリセット色が用意されています。テンションを上げたいときは“やる気を出す”、勉強するときは“集中する”、疲れを取りたい時は“くつろぐ”という風に照明によって、日常生活の効率を変えることができるのです。

最大6日前から設定可能なアラーム機能もあり、家を出る時間に照明の色を変えるとか、寝る時間に自動的に消灯したり、逆に朝は徐々に明るくして目覚まし代わりに使ったりするなど活用することもできます。これらのコントロールがネット経由で、世界中のどこからでもできるのです。

DATA

「Philips hue スターターセット」実勢価格2万6000円(フィリップスお客様センター ※外部サイト TEL:0120-91-4408)

amazon.co.jpで買う

このページは2014年02月 4日時点の情報です

デジタル

一条 真人

2冊のパソコン雑誌の編集長を務め、その後フリーに。小説家としても活動した後、各種雑誌でコンピュータ、デジタルAV関連の執筆しています。「必ず作れるDVD」「図解 Blu-ray HD DVDがわかる」など、いままでに50冊以上の著書があります。

TOP