TIPS

男性必見! アナログな手法で好印象に

深く考えすぎずに、まずは一言書き添えてみることが大切。今日から早速始めてみてはいかがでしょうか?

効率的なデジタルコミュニケーションが主流の現代、改めて手書きの良さがが見直されています。特に、男性で手書きの習慣がある人は少ないので、上手に使えば、ビジネスで心に残る人になれる可能性も! いきなり長文を書くと相手を驚かせたり挫折したりするので、まずは、感謝の言葉を中心に、一言添えることから始めると良いと思います。

書き添える文章としては、たとえば、
1、社内で書類を回すときに、付箋でメモを貼る。
・稟議書に「○○部長、よろしくお願いいたします。△△(自分の名前)」
・経理への出張精算書類に「いつもありがとうございます!」

2、書類を郵送するときに、添え状に一言加える。
・資料返却時 「とても勉強になりました。ありがとうございます。」
・請求書には「今月もありがとうございました。機会をいただき、感謝しています。」

さらに親近感をアップさせるためには、最初に相手の名前を書くことが大切です。そして筆記具は、落着きを感じさせる、0.7mm~1.0mmくらいの少し太めのジェルインクタイプ(黒)のボールペンがおすすめ。慣れてきたら少しずつ言葉を足して、自分の言葉で簡単な御礼状を書くことを目指してみると良いと思います。

このページは2014年11月 4日時点の情報です

恋愛

吉戸 三貴

コミュニケーションスタイリスト。極度の人見知りだったが、パリ留学を機に自分のコミュニケーションを徹底的に見直して克服。その後、沖縄美ら海水族館広報、PRプランナーなどを経て起業。企業のPRやアーティストのブランディング、個人の悩み相談まで様々なコミュニケーション課題の解決をサポートしている。

TOP