TIPS

あなたの「名前」はどんな香り?

香りのみならず、和紙をメインにしたパッケージングまですべて手作業。香りとともにぬくもりが伝わってきます

源氏物語では、衣装にたきしめられた香りや残り香は、登場人物を描写する重要な役割を担っています。たとえば、空蝉が光源氏と出会う場面は夜。暗闇に漂う香りから、空蝉は光源氏であることに気付きます。夕顔の娘、玉鬘の場面では、シトラス系の香りをあらわす橘が幾度となく登場します。日本ならではの香りの文化は、文学や美術工芸品などに見受けられます。

今回ご紹介する「なまえ香」は、言葉と香りの関係に着目したライフスタイルギフト。好みで香りを選ぶのではなく、名前から香りを創るオーダーメイド商品です。言葉の表情(響き、音など)を科学的に数値化にした解析法も取り入れている点が特徴で、自分だけのオリジナルの香りは、自己肯定感や充実感へとつながっているようです。

香袋に、香りの説明が書かれたメッセージカードが添えられ、和紙などで包装されています。移り香を楽しむという独特の作法は、源氏物語や古今和歌集など、古典の世界へと誘ってくれるようです。時間旅行という贅沢な遊びを秘めたオンリーワンの香り。大切な方へのプレゼントにもおすすめです。 (撮影:石井幸久)

DATA

「なまえ香」2940円(なまえ香 ※外部サイト TEL:075-200-1659)

このページは2014年02月26日時点の情報です

カラーコーディネート

松本 英恵

パーソナルカラー、色彩心理、カラートレンド(流行色)などをふまえたカラーコーディネートの提案、カラーマーケティングやカラー監修などを行っています。似合う色、売れる色をテーマにしたコラムや講演もご好評いただいています。著書に『人を動かす「色」の科学』(サイエンス・アイ新書)などがあります。

TOP