TIPS

紙いらずのセラミック製コーヒーフィルター

何度も使えるエコなアイテム。朝一杯のコーヒーがさらにおいしくなりそう

コーヒーを淹れるのは、滴がカップやサーバーに溜まっていく時間も楽しいもの。ただ、ペーパーフィルターは折ったり捨てたりが少し面倒。フィルター受けのホルダーにも納得の品が見つかりにくく、ついプラスチックで間に合わせてしまいがち。「カフェハット セラミックコーヒーフィルター」は紙を使わないセラミック製のフィルター。紙を敷かずにそのままフィルターにコーヒーの粉を入れて使えます。

佐賀県嬉野市をふるさととする陶磁器「肥前吉田焼」の品。多孔質セラミックで作られているので、ミクロの穴が浄水器のような働きをして、水のカルキ臭や不純物を取り除き、コーヒーの味をまろやかに整えてくれるのだそう。ブラックコーヒーでも一段とやさしい味わいに仕上がります。

フィルターとカップ(またはサーバー)の間に挟んで、フィルターを安定させるコースターは、隙間の空いた三つ葉のデザイン。隙間越しにカップの中が見えるので、いちいちフィルターを持ち上げなくても、注いだ量が確認できる仕掛けです。忙しい朝のコーヒーを、時短モードで味わえそう。紙を使い捨てにしない点も気持ちがいい。ぬくもりを感じさせる陶磁器の手触りだけで完結するコーヒーライフはまた格別です。 (撮影:石井幸久)

DATA

「カフェハット セラミックコーヒーフィルター」3675円(藤巻百貨店 ※外部サイト TEL:0120-070-623)

このページは2014年03月25日時点の情報です

レディースファッション

宮田 理江

ファッションジャーナリスト。最新コレクションのランウェイ分析から、リアルトレンドを落とし込んだ着こなし解説まで、「ファッションの今」を分かりやすく伝える情報を様々なメディアで発信している。ファッションブランド店長、バイヤー、プレスなどの豊富な現場キャリアを生かしたスタイリング提案に強みを持つ。

TOP