TIPS

ヒゲ&コック帽で、母の日の親子クッキングを!

何ごとも雰囲気づくりが大切。ヒゲに夢中で料理どころじゃない! なんてことになっても笑って許してあげましょう

もうすぐ母の日ですね。小さい子どもがいる家庭のママは毎日がバタバタ。母の日くらいはノンビリ休みたいと、ほんのり願っている人は多いはず。もちろん妻の日じゃないことは、分かっていますよ。でも、子どもが小さいうちはやっぱりパパに日頃の労をねぎらって欲しいかも。

母の日に欲しいのはモノより気持ち。個人的におすすめしたいのは、パパと子どもの親子クッキングです。子どもにとってはパパと料理をする機会なんて滅多にないし、ママもいつもの料理から解放されてちょっと嬉しい。年齢によってお手伝いできるレベルは違いますが、キノコをほぐしたり、キャベツをちぎったり、小さな子どもにもできることはいっぱいあります。

もし、料理が得意じゃなくてイマイチ気分が乗らないなら、小物の手を借りましょう。用意すべきは「ひげ+コック帽」。これさえあればパパも子どももコックさんに早変わり! 子どもはお手伝い気分が盛り上がるし、パパも自然と楽しい気分に。この姿で取り組む姿をみれば、ママも少々の失敗は大目に見てくれるはず。せっかくなので、最後は家族みんなで記念写真を撮るのもお忘れなく! (撮影:石井幸久)

DATA

「ひげ+コック帽」4536円(コド・モノ・コト ※外部サイト TEL:03-5241-1504)

このページは2014年04月22日時点の情報です

旅行

古屋 江美子

ライター。旅行やグルメを中心にWebや雑誌など様々な媒体で活躍。これまでに訪れた国は約40ヶ国。出産後は育児ジャンルにも活動の場を広げ、地元山梨県の「やまなし大使」として様々な情報を発信中。

TOP