TIPS

生殖能力を低下させる、テレビとパンツ

何気なく見ているテレビや、普段履いているパンツが、あなたの精子たちにダメージを与えているかもしれません……

草食系、肉食系にかかわらず、男性の「種の保存能力」、つまり精子を作る能力は、若さと健康のバロメーター。でもそれを脅かし、男性の精子力を低下させている男の敵が、とっても身近なパンツとテレビだってご存知ですか?

2013年1月に発表されたハーバード大学の研究によると、週に20時間以上テレビを見る男性は、テレビを見ない男性に比べて44%も精子の数が少ないそうです。これはテレビを見ることで身体活動が低下して運動量が減ることが精子の数の減少に影響しているそうです。「でもテレビは見たい!」という人は、少しでも精子力を衰えさせないために、運動しながらテレビを楽しみましょう!

2013年に発表されたオランダの研究では、窮屈な下着とズボンは睾丸の温度を3.5度 も上昇させ、健康な精子の形成にマイナスであることが分かりました。一方で、下着なしでキルトスカートを着用しているスコットランド男性は、精子の質が良く受精能力も高いことが判明。「最近ちょっと元気ないな……」とご心配な方は、ぜひ風通しのいいトランク型のパンツやステテコ、もしくはノーパンになって、自由と開放感を満喫し、男らしさを取り戻してください。

このページは2014年05月19日時点の情報です

アンチエイジング

宇山 恵子

東京医科歯科大学非常勤講師、京都府立医科大学特任教授。医学・医療情報を正確にわかりやすく人々に伝え、患者さんと医師・医療スタッフの良好な関係を育む「医療コミュニケーション」が専門。海外アンチエイジング情報の翻訳、取材も行う。ジャーナリスト、ヨガ・書道講師、料理講師、メノポーズカウンセラー。

TOP