TIPS

太ると体臭が気になる理由

太ると汗の量が増え、汗の成分も濃くなり、バクテリアが繁殖して悪臭を放つのです……

性別に関係なく、太っている人の体臭が気になることってありますよね。それは、汗の量が多く、汗の成分も濃くなるからなんですが、バクテリアが大量に繁殖して、悪臭を放つようになるのです。"You are what you eat"……つまり体は、食べたもので作られるわけで、脂っこいものばかり食べれば脂汗をかいて、顔にはニキビがブツブツ、そして脂臭い体臭になってしまうということ。チープでインスタントな不健康食を続けていると、安っぽい臭いの男になるので注意が必要なのです!

対策としては、食事内容の見直しとダイエットがメインになりますが、それよりもまず最初に取り組んで欲しいのは、汗をかいてそのまま放置しないこと。汗はバクテリアの大好物で、汗を拭かずにいると皮膚にバクテリアが繁殖し、バクテリアが汗を分解した物質が悪臭を放ちます。ニキビや肌荒れの原因にもなるので、汗をかいたらハンカチ、タオル、汗取りシートなどで拭き取ることを徹底してください。

そして次に、食事内容の見直しとダイエット。食べる量を急には減らせないという人は、揚げ物、炒め物を控えて、さっぱりしたメニューを選ぶように心がけます。日常生活では早歩きなどを意識しつつ、土日はジョギングやスポーツクラブで汗を流してデトックス(毒出し)しておけば、仕事中やデート中に毒の強い汗をかくことも防げますよ。

このページは2014年05月27日時点の情報です

アンチエイジング

宇山 恵子

東京医科歯科大学非常勤講師、京都府立医科大学特任教授。医学・医療情報を正確にわかりやすく人々に伝え、患者さんと医師・医療スタッフの良好な関係を育む「医療コミュニケーション」が専門。海外アンチエイジング情報の翻訳、取材も行う。ジャーナリスト、ヨガ・書道講師、料理講師、メノポーズカウンセラー。

TOP