TIPS

雨だから聴きたいしっとりJAZZ

なんだかやる気がでない雨の日は、ジャズを聴いてのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか

雨の日はすっきり晴れた日に比べて、脳が雨や低気圧に反応してややブルーになり、やる気がなくなると言われています。低気圧によって、脳内物質やホルモンの分泌が悪くなるのが原因だそう。

これからの季節、特に多い雨模様。そんな日は、何かを始めたり行動を起こしたりするのには向いていません。無理をせずいっその事、休暇や休憩をとって静かな音楽に耳を傾けるのはいかがでしょうか。

そんなときに、真っ先におすすめしたいのが、ボサノヴァの女王アストラッド・ジルベルトのCD『いそしぎ』より『ジェントル・レイン』です。この曲は『黒いオルフェ』などで有名なブラジルのボサノヴァギタリストであり、作曲家でもあるルイス・ボンファによって作られたものです。多くの歌手やジャズメンにカバーされていますが、その中でもこれが決定版です。ギターのアルペジオに合わせて歌いだす出だしから、もう世界はアストラッドのもの。窓の外の雨を眺めながら、ゆったりと聴いていただきたい1曲です。

amazon.co.jpで買う

このページは2014年06月 2日時点の情報です

ジャズ

大須賀 進

テナーサックス奏者としてライブハウスで活躍した経験と、 レコード約3,000枚、CD約1,000枚を保持するJAZZ収集家としての知識を活かし、ジャズの魅力をわかりやすくお伝えします。

TOP