TIPS

やる気が出ない! 雨の日のセルフトーキング

雨でやる気が出ない日は、自分への声がけを意識してみてください。朝、家を出る前からスタート!

雨の日はなんだかやる気が出ない……。それは意志や根性の問題ではなく脳の受容体が低気圧の影響を受けているせいかも知れません。天気の悪い日は、脳の受容体バロレセプターが低気圧の影響を受け、やる気が出ないと言われています。

そんな時に「嫌だな」「やる気ないな」といったネガティブなセルフトーキングをしてしまうと、どんどんマイナスのスパイラルに入ってしまいます。しかしながら、気分が低迷しているのに「ヤル気が出てきた」「できる! できる!!」といったポジティブな言葉を繰り返すのもNGです。

おすすめなのは、すぐに始められる軽作業をしながら「とりいそぎ、○○は終わった」「まず、これはできた」と心の中でつぶやいてみましょう。自己効力感を高めることでモチベーションを少しずつ回復することができるのです。このテクニックは部下の指導や子育てにも効果あり。やる気を出してあげたいときには、終わった業務などを見つけて、言葉にして声掛けしてあげましょう。

このページは2014年06月 3日時点の情報です

話し方・伝え方

藤田 尚弓

警察署にて防犯のコミュニケーションデザインを担当。その後民間企業を経て、株式会社アップウェブ代表取締役に。講師としては法政大学大学院客員教授、東京スクールオブビジネス非常勤講師などを経て、現在は企業研修中心に活動。テレビ出演多数。日本社会心理学会会員、早稲田大学オープンカレッジ講師、コラムニスト。

TOP