TIPS

メンターから伝染する“成功ウイルス”に感染せよ!

恋愛からビジネスまで、“潜在意識の専門家” 今井翔が指南するメンターの必要性。毎週木曜更新、連載第3回目!

良くも悪くも、私たちは友人や同僚、上司など周囲の人たちから影響を受けて生活しています。そのなかでもメンターからの影響は特別。躊躇せず積極的に受け入れるべきだというのが私の考えです。なぜなら、彼らの思考や行動パターンを取り入れることは、確かな結果につながり、あなたの周囲にも伝播していくからです。

私がメンターから受けた影響は三つあります。ひとつ目は、モデリングすることで “クセ” を身につけたことです。モデリングとは、ある対象を真似する行為で、私は営業のメンターをモデリングし、通常5年必要な学びの期間を1年に短縮できました。

社内の有能な人物あるいは認知度の高いキーパーソンなど、百戦錬磨のメンターの所作や言動、営業スキルを模写することで成功者の“クセ”を学ぶことができます。なかでも「思考パターン」と「感性」こそ、常人にはないメンターという名の成功者だけが身につけているスキルといえます。これら成功者だけがもつ特性は、モデリングすることで十分に感染しうる “成功ウイルス”なのです。

二つ目は、自分に合った仕事のスタイルを学べるということです。私がサラリーマンだった当時、西洋式コーチングが主流で「とにかく行動、行動!」と感情を無視した仕事のやり方をしていて、「それが本当に君のやりたいコーチングスタイルなのか?」と問われて仕事のやり方を変えました。このように「自分に合った仕事のスタイル」を教えてくれたのもメンターの存在でした。

三つ目は、当然のことのようでもっとも難しいことでした。それは、ブレない自分軸を持てるようになったことです。

優れたメンターは仕事のやり方を押し付けるのではなく、むしろ考えるスキルを育ててくれます。そのスキルを身につけることで、世の中の氾濫する情報に惑わされることなく、いい意味で自分本位の、主体的な働き方ができるようになるのです。

【“潜在意識の専門家” 今井翔が指南する「デキる男を支える”メンター”の存在」】
001 >>>出世したければ、愛人よりもメンターをつけよ!
002 >>>“三流上司” よりも月イチの「一流」

このページは2015年08月20日時点の情報です

恋愛

今井 翔

大学では心理学を専攻。卒業後、継続して心理学やコーチングを学び専門家として活動。
執筆家として、大手結婚相談所の会報誌や専門家サイトでのコラム執筆、コンテンツ監修を行う。
また、講演家としては人間関係や目標達成に関するセミナー、個人コーチングサービスを提供している。

TOP