TIPS

営業は1年に2日のみ。幻の駅の営業日が迫る!

見た目は素朴なこの駅に、8月4日と5日は多くの人が訪れる。あなたも一度足を運んでみてはいかがだろうか

私たちが毎日利用している駅は、当然ながら毎日営業しています。駅が休みになったら、交通網が乱れて大変なことになってしまいますからね。でも、日本には1年のうち、たった2日しか営業しない駅があるのをご存知でしょうか。それが、香川県三豊市にあるJR四国予讃線の駅、「津島ノ宮駅」です。

この駅が営業するのは8月4日と5日のみ。津嶋神社の夏期大祭が開かれるので、それに合わせて営業するからです。津嶋神社は津島という島にあり、橋を渡らなければ参拝できないのですが、その橋を渡れるのは夏期大祭のときだけ。ということは、参拝できるのもこの2日のみになるわけです。そんなこともあって、この2日間で10万人近い人が訪れるそう。

ただ、2015年は津島ノ宮駅開業100周年を記念して、5月10日に臨時営業でイベントが開催されました。なので、2015年に限っては1年に3日営業することになりますが、通常は年に2回。日本一営業日数が少ない駅ということもあって、駅自体はとっても簡素。でも、駅員さんが親切なので安心して利用できますよ。

DATA

JR 四国旅客鉄道 ※外部サイト

このページは2015年07月28日時点の情報です

ネットオークション

川崎 さちえ

ネットオークション暦12年。NHK「あさイチ」や日テレ「あのニュースで得する人損する人」などに出演し、経験に基づいた実践型のオークションの魅力を伝えている。

TOP