TIPS

へい! 寿司食い……食えない!

左からサーモン、玉子、タコ、エビ。さらに寿司ネタの王道マグロとイクラに、富山の企業らしく名物のますずしも加えた全7種。その表現力は、さすがの一言ですね

外国の方にお渡しするちょっとしたプレゼントやお土産、あなたはどんなアイテムを選びますか? ある程度日本的で、さほど重くもなくお値段も手頃……コレって結構難しいんですよね。

そんなシチュエーションでおすすめしたいのがレッグアパレルメーカー大手の助野株式会社が遊び心と技術力をMIXして送り出した新製品「寿司そっくす」です。ソックスの絵柄を合わせてくるくるっと丸めるとあら不思議……ちょっと大きめの「お寿司」が見事にできちゃうんです! まぐろ、イクラ、玉子、タコ、サーモン……そして富山名物のます寿司と種類も豊富、うーんコレは楽しい!

通常、こういうタイプの靴下の柄は転写プリントするのが一般的なのですが、助野の「寿司そっくす」は技術力を駆使し、色の違う糸を編み込む事で様々な寿司の絵柄を表現しています。この方法だと洗濯にも耐えられ、色落ちがしにくいんですね。

お値段も一足500円程度とお手頃ですし、寿司の形に丸めた時だけではなく普通に履いても面白い色味が出るソックス。外国の方にお渡ししたら間違いなく喜ばれるアイテムですし、大人の遊び心を刺激するファッショングッズとして、ビールパーティー等のビンゴ大会商品として使っても盛り上がるのではないでしょうか。あなたもお気に入りのネタ、探してみて下さいね。 (撮影:石井幸久)

DATA

「寿司そっくす」各540円(助野 ※外部サイト TEL:0766-21-1661)

このページは2014年07月10日時点の情報です

演劇

上村 由紀子

ラジオDJ、ナレーター、トークコーチ。桐朋学園大学演劇専攻科(修士課程)修了。「帝劇からスズナリまで」をキャッチフレーズに様々な劇場に出没中。朗読やリーディングといった分野でアウトリーチ活動を積極的に行い、モデル・タレントの卵に対するトークコーチとしての評価も高い。

TOP