TIPS

東京は「安全だけど住みにくい」街?

日本から対象の50都市に選ばれたのは東京と大阪のみ。「個人の安全性(治安)」部門では大阪が2位、東京が3位

東京の街は女性が夜中ひとりで歩いていても安全だ、とよく言われますが、それを証明するかのように、東京は「世界で一番安全な都市」に選ばれました(Safe Cities Index 2015)。イギリスの経済紙『エコノミスト』の調査によると、東京はデジタル・セキュリティ、衛生、インフラ、治安の面から、世界で最も安全とされ、総合1位を獲得しました。2位はシンガポール、3位は大阪と、上位3位に日本の都市が2つもランクインしています!

1335万人もの人口を抱える東京は、世界最大規模の都市のひとつ。それでいて「最も安全」と評価されるのは、海外の人にはちょっとした驚異のようです。

犯罪が少ないという治安面では、東京、シンガポール、大阪がほぼ同じくらいの評価で、ほかにも台北、香港などアジアの都市が上位に来ています。東京は「デジタル・セキュリティ」つまり、ウィルスに侵入されたり個人情報を盗まれたりする可能性が低いという点も高く評価されました。

ところが、「住むのにいい都市」となると東京は一気に順位を下げて16位。上位はカナダのトロント、モントリオール、スウェーデンのストックホルムなどが占めています。順位が下がってしまう大きな原因は「生活費が高いこと」。いずれこの点も改善されるといいですね。

このページは2015年03月30日時点の情報です

トラベル英会話

足立 恵子

朝日JTB・交流文化塾で英会話を指導。語学学習、国際交流、異文化コミュニケーションに関する書籍や雑誌記事の編集、執筆も手がけている。

TOP