TIPS

外国人に「ガキ使」の話をすると喜ばれるかもしれない

共通の話題を探しづらい外国人との雑談ですが、日本発のテレビ番組が会話のきっかけになるかもしれません?

日本のアニメが海外でも人気、というのは聞いたことがあると思いますが、実はバラエティ番組のなかにも、海外で広く知られているものがあります。その代表格が『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』。ビートたけしの城を奪うという設定で一般視聴者が数々のゲームにチャレンジするこの番組は、英語でTakeshi's Castleと呼ばれ、世界159か国で放送されました。番組フォーマットを使い、現地の人たちが出演するバージョンも作られています。プロの料理人たちが腕前を競う『料理の鉄人』はIron Chefとしてアメリカ、オーストラリア、タイなどで放送。クリントン元米大統領がファンだという話もあります。

最近では身体能力を競う『SASUKE』がNinja Warriorというタイトルで話題になっています。アメリカ人に「Do you know Ninja Warrior?(ニンジャ・ウォリアー知ってる?)」と尋ねたら、思いがけず話がはずむかもしれません。

意外なところでは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の人気企画「笑ってはいけないシリーズ」がYou Tube などを通して人気を呼び、アメリカでSilent Library(サイレント図書館)という番組となって登場、歌手のジャスティ・ビーバーが出演していたりします。「ガキ使」を知らない外国人がいたら、ぜひ教えてあげましょう。

このページは2015年03月20日時点の情報です

トラベル英会話

足立 恵子

朝日JTB・交流文化塾で英会話を指導。語学学習、国際交流、異文化コミュニケーションに関する書籍や雑誌記事の編集、執筆も手がけている。

TOP