TIPS

味噌汁の出汁に使える、意外な調味料

冷蔵庫に入っているケチャップが、味噌汁を作るときにも大活躍。一手間加えるだけで、出汁のような味わいに!?

食卓に出てくるとほっこりするのが手作りの「お味噌汁」。ですが出汁を取る手間などを考えると忙しい時間は無理!と、調理を諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。実はどこの家庭の冷蔵庫にも入っているある調味料を使えば、昆布や鰹節で取った出汁と同じような深いコクをお味噌汁に加えることが出来るんです。

その“ある調味料”とは、トマトケチャップ! トマトケチャップには鰹節などのうまみ成分と同じ「グルタミン酸」がぎゅぎゅっと凝縮されています。とは言え、トマトの味わいである酸味や塩気などお味噌汁の出汁としては不要なモノも含まれていますので、ほんのひと手間加えるのです。

まずは10g程度のトマトケチャップを鍋に入れ、弱火で温めながら酸味を飛ばします。そこに500㏄の水を入れ、煮立ったところでお好きな具とお味噌を投入すれば味わい深いお味噌汁が簡単に出来るという次第。

トマトケチャップを水で薄める事で酸味や塩味はほぼ感じなくなるものの、うまみやコクの感じ方は50倍程度に薄めても変わりナシということでこんな使い方も可能に。トマトケチャップを出汁に使ったお味噌汁。騙されたと思って(?)是非一度お試しを! (撮影:石井幸久)

≫≫この記事が「私の守護神ウラーザくん2」でWebドラマになりました! 動画はこちら

このページは2015年02月24日時点の情報です

演劇

上村 由紀子

ラジオDJ、ナレーター、トークコーチ。桐朋学園大学演劇専攻科(修士課程)修了。「帝劇からスズナリまで」をキャッチフレーズに様々な劇場に出没中。朗読やリーディングといった分野でアウトリーチ活動を積極的に行い、モデル・タレントの卵に対するトークコーチとしての評価も高い。

TOP