TIPS

アノ白い粉を首筋につけると……

シャツの襟の内側にベビーパウダーを軽くつけるだけで、襟汚れがつきにくくなる。防汚効果だけでなく、ベビーパウダーの懐かしの香りによるリラックス効果もある!? 撮影:石井幸久

シャツをクリーニングに出さないで自宅の洗濯機で洗っている人にとって、襟についた汚れは大敵ですよね。普通に洗ってもなかなか取れません。これまでは石鹸をつけて純天然毛の歯ブラシで軽く擦っていました。ナイロン歯ブラシだとけっこう硬いのでシャツの繊維を傷めやすいんですよね。最近では部分洗い専門の洗剤をシュッとかけてから洗うなど、あの手この手で対処しています。

じつは以前に美粧師の岡野宏さんを取材したときに教えてもらったんですけど、シャツの襟の内側にパウダーをつけてから着用すると、汚れが襟につきにくいそうなんです。おそらく細かな粉が首の油脂を吸い取ってくれるんでしょうね。まだ試していませんが機会があればやってみようと思っています。

パウダーはお馴染みのジョンソンのベビーパウダー(主成分は良質のタルク)でいいと思います。ちなみにうちの田舎ではこのテのものを総称して「てんかふ」って呼んでいました(笑)。本当は「てんかふん」が正しいんですね。

このページは2014年07月12日時点の情報です

All About編集部

All About編集部が耳寄りな情報をお届けします。

TOP