TIPS

「聞いてる?」と思わせないために

相手の姿勢、動きを真似ることで、相手は心を開いてくれるはず

人から話しかけられたとき、どのような態度をとれば、「きちんと聴いていますよ」という印象を与えられるのでしょうか。効果的なパフォーマンスをお教えします。

まず、椅子やソファの背には寄りかからず、手はテーブルの上に出すこと。さらに、相手が話しやすい環境をつくるため、相手と「同じ姿勢や動きをする」ことをお試し下さい。頬杖をついたらあなたもつく、飲み物を飲んだらあなたも飲む、指を組んだらあなたも組む、前に乗り出したらあなたも乗り出す……。「鏡の法則」と呼ばれるこのパフォーマンスは、驚くほど相手に安心感を与え、あなたを「また話したい人」と感じさせてくれます。

ご友人や部下などの相談に乗る際や、本音を聞き出したい時は、相手と同じ飲み物やお料理をオーダーするのも有効です。「何にする?」「私はカフェオレで」「じゃあ、カフェオレを2つお願いします」や、「あ、僕も同じ物下さい」。このように実に単純な言動ですが、相手の方はあなたをグッと近く感じ、心を開きやすくしてくれますよ! (撮影:石井幸久)

このページは2014年07月27日時点の情報です

暮らしのマナー

諏内 えみ

東京・品川「マナースクール ライビウム」「親子・お受験作法教室 ライビウム」代表。大手一流企業・自治体のコンサルタントや講演活動を経て「ライビウム」設立。上質マナーや美しい所作を始め、会話術、婚活、お受験マナーの講座も人気。映画やドラマでも、女優やタレントのエレガント所作指導に定評。テレビ出演も多数。

TOP