TIPS

初対面の人に好印象を与える2つのコツ

印象を決めるポイントは、視覚と聴覚。しかも15秒で決まるというのだから、ぜひ集中して頑張って!

仕事相手との初対面……、緊張しますよね。一体どんな話をすれば先方の心を掴めるのか、今後のビジネスに繋げて行けるのか……。ううう、胃が痛い。こんな場面、誰でも経験があるのではないでしょうか。

人間の第一印象は、実はその人と出会ってから15秒で決まると言われています。そしてその印象を左右する材料の約6割が「視覚的情報」によるもの。そう、第一印象をUPさせようと思ったら何を話すか悩むより、まずは外見を整える事から始めるのが正解なんです。と言っても、無理して高価な物を身に着けたり、エステに通うという事では勿論なく、①その場に合った清潔な服装 ②表情が見える髪型 ③明るい表情 この3つを心掛けるようにしましょう。

次に、4割近くを占めるのが「聴覚的情報」。ボソボソと小さな声で話すのではなく、明るく聞き取りやすい声で相手に自分の言葉を伝えるようにします。コツは唇の右端と左端の“口角”を上げて話すこと。ここを意識すると、表情も柔らかくなりますよ。たった15秒の視覚情報と聴覚情報で、ほとんど決まる第一印象。まずは基本のコツを押さえるだけで、最初の印象を劇的に変えられるかもしれません。

このページは2014年08月26日時点の情報です

演劇

上村 由紀子

ラジオDJ、ナレーター、トークコーチ。桐朋学園大学演劇専攻科(修士課程)修了。「帝劇からスズナリまで」をキャッチフレーズに様々な劇場に出没中。朗読やリーディングといった分野でアウトリーチ活動を積極的に行い、モデル・タレントの卵に対するトークコーチとしての評価も高い。

TOP