TIPS

洒落者のカイロテクニック

カイロを上手に活用すれば、寒い冬でも着膨れとは無縁。お洒落に乗りきることができる 撮影:石井幸久

カイロが手放せない季節となりましたが、皆さんはどのようなカイロをどうやって使っていますか?今回はカイロを無駄なく、効率的に使うコツをご紹介しましょう。

カイロのタイプは、使い捨ての貼るタイプでミニサイズのものが、ピンポイントで無駄なく温められるのでオススメです。カイロを貼るべき場所は、大きな血管が通っているところ。下半身が冷えて困っている人は、お尻の割れ目の上あたりにある仙骨と呼ばれるところに貼ります。仙骨は太い動脈が足に向かって伸びているため、そこで温められた血液が足先の毛細血管にまで届き、下半身全体がポカポカと温まってきます。上半身や手先が冷える人は、背中の肩甲骨と肩甲骨の間に貼りましょう。肩甲骨の間の血流を温めることで、肩の周りの筋肉がほぐれて血行がよくなり、上半身や手先までもが温かくなってきます。温めたい場所にあわせてカイロをうまく使って、これからの季節をお洒落に乗り越えたいものですね。

このページは2012年01月17日時点の情報です

All About編集部

All About編集部が耳寄りな情報をお届けします。

TOP