TIPS

ビールで伝える一生分の感謝!?

一般的なゴールド色のビール「金」と、焦がし麦芽のコクがおいしい黒ビール「黒」の2種類 撮影:石井幸久

震災以降、人との絆を大切にする動きが加速し、身近な人と集まる機会も増えているようです。宴会に欠かせないお酒も大人数仕様が好評で、神奈川・厚木の地ビール会社サンクトガーレンの「一升瓶ビール」も昨冬比120%増と動きが活発。名前のとおり一升瓶に入ったビールで、大瓶換算なら約3本弱分。数人集まった席で楽しむことを想定して作られており、互いにお酌しあっても、そう簡単にはなくなりません。

珍しい和紙のラベルには大きな「感謝」の文字が躍り、見た目のインパクトも抜群。花見やホームパーティに持参すれば、大いに盛り上がるでしょう。送別シーズンの今なら、お世話になった上司へのギフトとしても喜ばれそうです。もともと、“一升”は“一生”とも掛けられる縁起のいい言葉。実際、この一升瓶ビールを使って、結婚式のキャンドルサービスのかわりに一升瓶サービングをする人もいるとか。一升瓶ビールを酌み交わしながら、大切な人と一生の絆を育んでみては。

DATA

一升瓶ビール ※外部サイト (2800円)送料込 問合わせ先:サンクトガーレン TEL046-224-2317

このページは2012年03月23日時点の情報です

旅行

古屋 江美子

ライター。旅行やグルメを中心にWebや雑誌など様々な媒体で活躍。これまでに訪れた国は約40ヶ国。出産後は育児ジャンルにも活動の場を広げ、地元山梨県の「やまなし大使」として様々な情報を発信中。

TOP