TIPS

朝のフルーツは、本当に金!?

体には良いタイミングでの摂取でも、実は肌にとっては、良くない影響を及ぼしてしまう。ひとつの効果のみに注目するのではなく、多方面から総合的に考えるようするべきだ

オリンピックに因んだネタではありませんが、「朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅」という言葉を聞いたことがありませんか? これは、果物には果糖などの糖分が含まれているため、“朝摂ることですぐにエネルギーに変換され、1日の活動や仕事にも精が出る”という論理です。

しかし、この朝のフルーツ、場合によっては美容面で良くない影響を及ぼすことも……。実は、一見ビタミンCが豊富で肌によさそうな、オレンジ・レモン・ライムなどの柑橘系フルーツを朝摂ることで、肌にシミができやすくなるのです!その理由は、柑橘系フルーツに含まれている「ソラレン」という成分。ソラレンは日光を浴びるとすぐに毒性を帯び、色素沈着を引き起こします。男性でもシミがあるだけでグンと老けて見えてしまうので、これは注意したいですね!

ちなみに、フルーツを食べて摂取するだけでなく、ジュースとして飲んだり、化粧品・香水・アロマオイルなどにこれらの成分が含まれていたりする場合もNG。タバコを吸う方は特にビタミンCが不足しがちなので、本来は柑橘系フルーツをたくさん食べて頂きたいのですが……、シミを作らないためには、サプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。

このページは2012年09月10日時点の情報です

All About編集部

All About編集部が耳寄りな情報をお届けします。

TOP