特集

芳とも庵(納戸町)「津軽そば」|青森県

芳とも庵(納戸町)「津軽そば」|青森県

十割そばなのに強いコシ! 濃厚な甘みがクセになるそば

一般に挽きたて・打ちたて・茹でたての「三たて」が美味いそばの条件と言われているが、こちら「芳とも庵」は切ったそばを一晩寝かせた津軽そばが名物。呉汁(大豆の絞り汁)を使って打ち、寝かせてコシと甘みを出した、青森のご当地そばだ。

寝かせるためにそばの香りは少ないが、その代わりに大豆の甘い匂いが立ち昇ってくる。すすってみると十割そばにもかかわらず力強いコシがあり、噛みしめると普通のそばにはない濃厚な甘みが広がっていく。この味わいは新鮮。好きな人はやみつきになってしまうだろう。

ちなみにお店では江戸そば、田舎そばも提供しているが、温かいそばはすべて伸びにくい津軽そばになる。

DATA

■生粉手打ち 芳とも庵(yoshitomoan)
住:東京都新宿区納戸町10|TEL:03-3235-7177|営:12時~14時30半(L.O.14時)、18時~21時(L.O.20時30分)|休:月曜、第1・第3日曜|価格:津軽そば【せいろ】(1000円)URL:http://www.soba-yoshitomo.jp/ ※外部サイト
 

このページは2014年4月30日時点の情報です。

TOP