連載
AllAbout「メンズファッション」ガイド森井良行のイチオシ

マーズのアンクレット――「チャラチャラしない雰囲気をつくる”大人アクセ”は足元のアンクレット」

写真:加藤謙樹   文:土田貴史

森井良行

AllAbout「メンズファッション」ガイド

森井良行

1979年、千葉県出身。パーソナルスタイリスト。「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーに、のべ4000人を超える男性の買い物に同行し、大人の男のファッションをスタイリング。個性的なファッションだけではなく、定番の着こなしを追求した“エレガントカジュアル” を提案する。「All About」メンズファッション オフィシャルガイド。『今さら聞けないビジネスファッションの作法』(東洋経済ONLINE)、『毎朝、迷わない!ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』(WAVE出版)などメディアでも活躍。

■「ネックレス、ブレスレットよりチャラくならないんです」

 

もう何年か前に、大人のショートパンツスタイルを開発したときのことです。ティーンとの差別化を図るとしたら何だろうって考え、アンクレットでメリハリをつけることに行き着きました。もちろんアンクレットにもいろいろありますが、大人の男性ならばシンプルな紐タイプがいい。

 

しかも紐をぐるぐる巻きにせず、チャームも小さなものをひとつだけにする。その抑えた感じが、王道なんじゃないかって思います。

 

画像:MARS┃アンクレット

紐交換時に、赤なり、紺なり、色を変えてみると気分も変わる。ただしこのパリッとした質感は大事

 

 

実は、アクセサリーで言うと、ネックレスよりもブレスレット、ブレスレットよりもアンクレットの方が、チャラく見えないんです。ネックレスだとそれ自体が目立ちますし、どうしてもチャラい人が身に着けているイメージが拭えないので。そういう意味でも「MARS(マーズ)」のアンクレットならば文句なくお洒落に見えます。

 

 

■「500円で交換できるからいつでも新しい雰囲気を」

 

そして、この細い紐がキモですね。紐は金属に比べて、柔らかな印象。その柔らかさが、女性ウケするんです。男性はカッコ良さを求めるけれども、女性は可愛さを求めます。ですから、金属ではなく紐がいいんです。

 

ちなみに、こちらはモチーフと紐が別売り。紐が汚れたら、500円でまた換えてくれます。そうやって、ずっときれいな見た目で使えるのもいい。

 

ただ、アンクレットは季節製品です。春夏は問題ありませんが、秋冬だと白スニーカーとか、ローファーなどを履いたときに、加えるといいと思います。その際、ソックスはベリーショートにしてください。パンツはジーンズや紺チノなど、ダーク系にするとコントラストがハッキリします。チャームはアシンメトリ―な位置で、斜めとか、横に置くと、さり気ない感じが出ていいですね。

 

 

画像:MARS┃アンクレット

_

バナー:ISETANでMARSの商品をチェック!

 

>>> この連載のトップに戻る

 


 ▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中~

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

この情報は2018年9月30日現在のものです。

TOP