連載
編集者・ライター本橋隆司さんのイチオシ

「居酒屋 豪」の焼き刺し――「新鮮なモツを自分で焼いて食べる。歯ごたえ・甘味ともにパーフェクト」

写真:安藤青太  文:本橋隆司

本橋 隆司

編集者・ライター

本橋 隆司

フリーランスの編集・ライターとしてWebや雑誌などで仕事中。2013年に『立ち食いそば図鑑 東京編』(マイウェイムック)を、2017年に『東京立ち食いそばジャーニー』(スタンダーズ株式会社)を制作。そばであればだいたい好き。お酒もだいたい好きで、ひとり飲みでふらっと立ち寄るのはきまって赤ちょうちん、徘徊エリアはもっぱら中央線沿線。

 

■「シロ(大腸)が美味いのは、肉の鮮度がいい証」

 

西荻窪は老舗焼き鳥店「戎」などが並ぶ南口の横丁が有名だが、今回、紹介したいのはその逆の北口にあるモツ焼き店「居酒屋 豪」だ。

 

画像:「居酒屋 豪」外観

荻窪駅北口を出て吉祥寺方面へ少し歩いた左側の路地。お世辞にもいい立地とは言えない

 

 

もともと「豪」は中野にあり(現在も営業中)、知人に勧められて行ったのだが、最初はとにかくモツ刺しの美味さに驚いた。臭みなどなく新鮮そのもので、ちょっと他では食べたことのないモツ刺しだったのだ。それからプリプリのレバ刺しやハツ刺しを求めて「豪 中野店」に通ったのだが、ほどなくして豚肉の生食が禁じられ、モツ刺しを食べることはできなくなってしまった。

 

その矢先、「豪」は西荻窪に出店。中野店は他の方に任せ、店主の豪さんは西荻窪店に立つようになった。刺しはなくとも肉の鮮度は変わらず、今度は絶品のモツ焼きを楽しみに通うようになった。ちなみにモツ好きなら分かると思うが、シロの塩がやたらに美味いと言えば、肉の鮮度、下処理のすごさが伝わるだろうか。

 

画像:「居酒屋 豪」モツ煮込み(380円)

モツ煮込み(380円)。スッキリした澄んだ味わいで、モツの美味さが際立っている

 

 

そして、いつものように「豪」でモツ焼きを楽しんでいるとき、豪さんが試作中だという低温調理されたレバーをふた切れ、出してくれた。刺しで出せないならと考えだしたもので、これがねっとりとしたレバーの甘みが舌にまとわりつく、刺し以上に美味いものだったのだ。

 

レギュラーメニューにしてほしいと言ったのだが、手間がかかるからだろうか、リクエストが叶うことはなかった。もちろん、これがなくてもハラミポン酢(420円 ※税別価格、以下同)など、とにかく美味いモツが食べられる「豪」には通っていたのだが。

 

画像:「居酒屋 豪」の「焼き刺し」

こちらが「焼き刺し」。もちろんちゃんと焼いてからいただきます。いい肉は生でも焼きでも美味い!

 

 

■「‶ちゃんとしたもの‶を求めて、今夜も西荻窪の北口を歩く」

 

そんな、美味いモツを美味く食べてもらおうと、頭を悩ませていた豪さんが、満を持して投入したのが「焼き刺し」(800円)だ。初めて見たときは、その美しさに感動した。新鮮で上質なモツを、自分で焼いて食べることができるのだ。これならば、なんの問題もない。歯ごたえ甘み、とにかくパーフェクト! 難点を言えば、脂の多い部位ではないため、焼いていると網にくっついてしまうことぐらいだ。

 

「焼き刺し」は今では「豪」の看板メニューとなっているが、それに満足することなく、最近は「ラムのたたき」(600円)というメニューも出している。ラム肉をオリーブオイルと塩、クミンで食べるものなのだが、これがラム独特の香りが十分に引き立つ、べらぼうに美味いものなのだ。

 

画像:「居酒屋 豪」

豪さんは和食をやっていたこともあってか、料理のアレンジが抜群にうまい

 

 

今回の取材で、豪さんに飲食激戦区の西荻窪へ出店した理由を聞いたところ、「ちゃんとしたものをちゃんとした値段で出せば、西荻窪でも勝負できると思った」という答えが返ってきた。ちゃんとしたものどころか、「豪」のモツはどれも明らかに値段以上のものだ。

 

次は、どんな「ちゃんとしたもの」を食べさせてくれるのか、その期待を胸に、今夜も西荻窪の北口を出ていくのである。

 

画像:「居酒屋 豪」の焼き刺し。手前からレバー、チレ、タン、ハツ。

焼き刺しは手前からレバー、チレ、タン、ハツ。美しすぎるルックスだ

 

 

DATA

居酒屋 豪

住所:東京都杉並区西荻北3-3-9

TEL:03-6913-5685

営業時間:17:00~24:00

定休日:日曜

バナー:酒飲みにはたまらないメニューがズラリ!

 

>>> この連載のトップに戻る

 


 ▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中~

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

この情報は2018年9月28日現在のものです。

TOP