連載
「KARHTU」プレス・太郎館季道さんのイチオシ

BROOKS「べドラム」――「ラン大国アメリカで認められたランニングシューズ、クオリティは間違いナシ」

写真:高橋宏樹   文:土田貴史

※着用している衣装

「BROOKS」のランニングシューズ1万6200円(税込)、ジャケット 1万3824円(税込)【BROOKS カスタマーサービス/TEL:0800-800-2380】、その他本人私物

太郎館 季道(たろうだち・すえみち)

「KARHTU」プレス

太郎館 季道(たろうだち・すえみち)

PR会社「KARHTU(カーツ)」プレス。複数のサッカーやフットサルのチームに所属し、仕事と趣味の両立を図るスーパープレス。「BROOKS」も彼が担当するブランドのひとつだが、自分自身で実際に使い込んだ生の情報をフィードバックしてくれると、雑誌編集者、ライターからの信頼も厚い。

 

■「疲労やケガのリスクを低減してくれるから、日々のランで愛用してます」

 

自分の趣味は、フットサルとサッカー。いまは週2ペース程度でフットサルをしていますが、今後もこのペースを維持するために、ランニングによる身体の調整が欠かせません。1回の走破距離は、だいたい5キロから10キロくらい。ランニング主体の人たちに比べたら短いかもしれませんが、もう長い間、続けています。

 

そのランニングで現在使用しているのが、「BROOKS(ブルックス)」の新作「BEDLAM(べドラム)」です。このモデルから、地面の蹴り返しを高反発力でサポートするDNA AMPミッドソールに動きのブレを整えるガイドレ―ル機能が加わり、かつてない安定感が実現しました。ガイドレールは悪路の走行、疲労が原因の着地姿勢の乱れを整え、ランニングシューズとして画期的なものです。狙った方向に着実に蹴り出せるから、足首のケガなどを未然に防げます。

画像:BROOK|BEDLAM

「ニットアッパーなので、もちろん軽く、軟らかい。フィット感は抜群です。しかもモノトーンの大人顔なので、ランニング以外の用途でコーディネートに合わせることもできて、非常に便利」

 

 

■「アメリカでトップシェアを誇るシューズは機能もデザインも申し分ない」

 

「ブルックス」は100年以上の歴史があるアメリカのシューズメーカーですが、2001年にランニングに特化したブランドになることを宣言。いまでは全米No.1の売れ行きを誇るランニング専門ブランドになりました。そうしたブランドの誇りが、共感するポイントですね。

 

しかも「べドラム」はニットアッパーがアシンメトリーにデザインされていて、シェブロン織りがトラディショナルな雰囲気を醸しています。実際は各部にかかる負荷に合わせて、編み方を変え、強度をクリアすることで足の動きをサポートしているのですが、そういう機能性の高さを、モノトーンでスタイリッシュに仕上げているところも気に入っています。

 

自分はランニング用、普段履き用と、シューズを履き替えることでモチベーションを切り替えていますが、これなら普段履きと兼用してもルックス的には問題ないでしょう。

 

「ブルックス」のランニングシューズは、いろいろな人に向けて製品づくりをしているので、選択肢がとても多い。それがランニング専門ブランドとしての特徴でもあります。他ブランドは、SUB4、SUB3の基準だけで展開しているところを、「ブルックス」はソールの種類、形、デザインなどを自分の身体的特徴に合わせて選べます。そうしたユーザビリティが、ラン大国のアメリカで受けている秘訣ではないでしょうか。

 

画像:BROOK|BEDLAM

ブルックス史上最高のエナジーリターン(反発性)を有する新素材“DNA AMP”(ディーエヌエーアンプ)をミッドソールに装備。ミッドソールの側面と底を覆ったシルバーのTPU(熱可視性ポリウレタン)の効果により、着地をする際にエネルギーが側面や底から放出されることなく、すべてのエネルギーをロスなく推進力に変えることができる一足

 

 

DATA

BROOKS(ブルックス)|ベドラム

価格:1万6200円(税込)

問い合わせ:BROOKS カスタマーサービス

TEL:0800-800-2380

バナー:ブルックスの「べドラム」 高反発+サポート力の秘密とは?

 

>>> この連載のトップに戻る

 


 ▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中~

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

この情報は2018年9月22日現在のものです。

TOP