連載
All About「メンズファッションニュース」ガイド宇田川雄一さんのイチオシ

「ラッピンノット」のワイドパンツ――「何を着ても絵になるしO脚もカバー。ヘビロテ中の1本です」

写真:高橋宏樹   文:平格彦  スタイリング:宇田川雄一

 

※スタイリスト着用の「ラッピンノット」のニット3万1320円(税込)【HEMT PR/TEL:03-6721-0882】、「ヨーク」のスニーカー2万5920円(税込)【HEMT PR/TEL:03-6721-0882】

宇田川 雄一

メンズファッションニュース ガイド

宇田川 雄一

スタイリスト。大学を卒業後、2008年アシスタントを経てフリーになる。Web、雑誌、広告、PV、ショートフィルム等で活動。特にファッション小物が得意で靴や革小物の豊富な知識には定評あり。

 

■「スキニーが苦手。そんなとき出会ったのがこのワイドパンツ」

 

宇田川さんはサッカー経験者だ。現在でもフットサルなどを続けているため、筋肉が落ちず太ももは太め。ということで、スキニーパンツは完全にNGと自分で決めている。さらに、O脚で短足だと本人は思っていて、それが多少のコンプレックスにもなっている。

 

「ストンと落ちるシルエットのワイドパンツは、コンプレックスのO脚をナチュラルに隠してくれるのでありがたいですね。仕様はイージーパンツなんですが、品のある印象なので子どもっぽく見えません。太くて学生服のボンタンにも見えかねませんけど、ドレープ感が上品だからか昔の不良のようにはならないんです」

 

このパンツを製作しているのは「ラッピンノット」。実はニットウェアを中心に展開しているファッションブランドだ。半世紀以上の歴史を持つ新潟県五泉市のニットファクトリー「UMEDA KNIT」が手掛けているので品質はお墨付き。多様な編み機、職人による縫製技術、現代的な解釈をミックスしたアイテムが特徴だ。

 

「展示会で初めて『ラッピンノット』に出会ったんですが、テーラードパンツを穿いてみたらシルエットが美しくてすぐに注文しました。

 

ニットのブランドなのにパンツにも定評があって、リピーターとなって愛用しているファッション感度の高い業界人も多いみたいですよ。最近はこのワイドパンツが気に入っていて、かなりのヘビーローテーションです」

 

画像:ベルトレスでも穿けるイージーパンツタイプ

ベルトレスでも穿けるイージーパンツタイプ。腰回りのバンドパーツにはコットン100%のニット編み地を採用している。「ニットブランドならではの生地使いが抜群の穿き心地を生み出しています」

 

 

スーツなどにも用いられる“スーパー100’s”のウール素材をメインにした生地は上品な表情。ワイドなシルエットのパンツだが、質感と独特なドレープ感によってエレガントな印象も感じさせる。

 

「穿き心地も快適。とくに腰回りのフィット感が絶妙でストレスを感じません。というのも、ウエストのバンド部分にニット編み地を使用しているんです。ニットブランドらしい特徴が快適性につながっていますね」

 

「上は少しタイトにまとめるのが基本ですが、パンツのシルエットがキレイで上品なイメージなので、正直、合わせるトップスのシルエットはあまり気にしないことも多いです。Tシャツを合わせるだけでも大人っぽくまとまって絵になるのでかなり助かってます」

画像:WARPINKNOT(ラッピンノット)|イージーパンツ PT02M

DATA

WARPINKNOT(ラッピンノット)|イージーパンツ PT02M

価格:3万1320円(税込)

問い合わせ:HEMT PR

TEL:03-6721-0882

バナー:「ラッピンノット」のニットウェア メンズ・レディスのコレクションをチェック

 

◆スタイリスト宇田川雄一さんイチオシ! その他のアイテムをチェック

【透けないインナーウェア】モデルも絶賛するグンゼ「シーク」

【オフィスサンダルの決定版!】「ウーフォス」のリカバリーサンダル

【サングラスホルダ―】いま話題のブランド「ディフューザー」とは?

 

 

>>> この連載のトップに戻る

 


 ▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中~

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

この情報は2018年9月19日現在のものです。

TOP