連載
カメラマン・湯浅立志のイチオシ

SONY「DSC-RX0」――「スマホの普及で姿を消しつつあるコンデジの最進化系!?」

写真:加藤謙樹   文:Tadack

 

湯浅立志

カメラマン

湯浅立志

1961年、群馬県出身。写真家。日本広告写真家協会(APA)会員、日本写真家協会(JPS)会員。雑誌、広告、WEBなどでモデル撮影から商品撮影まで幅広く撮影。撮影のみならず、デジタルフォトに関する執筆、セミナーなどに多数登壇する。近年は海外の風景を旅行しながら撮影している。「1961’s Photographer」(2017年)はじめグループ展にも多数参加。玄光社ウェブサイト「Shuffle」では「Lightroom 実践力アップ講座」連載や自身のブログなど同業カメラマンたちからも支持を集める。

■「アクションカメラに見えますが、写真のクオリティは段違いにいいです」

 

「よく作ったなー!」というのが最初の感想。ソニーの「DSC-RX0」はポケットにも入る小さなボディながら、デジタル一眼と遜色のない高画質を実現したとにかくマニアックな一台です。このカメラはもともと、プロ用途を視野に入れて作られたカメラです。

 

例えば映画「マトリックス」で有名になったバレットタイム撮影などで使いやすいように作られました。被写体のまわりに何十台ものカメラを並べて同時に撮影して、被写体の動きがスローモーションに見えるけど、高速で視点移動する、あれです。

 

マトリックスの時代は大がかりなセットでしたが、小型のカメラを使えば撮影の自由度が上がります。さらに「RX0」は小型なだけではなく防水だったり衝撃に強いとか、タフに作られているので、場所を選びません。「RX0」を何台も設置して全部を一度にコントロール出来るよう設計されています。そんなカメラをプロ用としてはだけではなく一般用としても販売したソニーはすごいなと思いました。

 

 

画像:ガジェオタ垂涎の的!ソニーが本気で作った超小型カメラ

アクションカメラと違い、モード選択はじめ細かな撮影調整ができるのがポイント。極小のコンデジといった方がいいかもしれない

 

 

一見するとアクションカメラに見えますが、写真のクオリティという観点で見ると段違いにいいです。レンズには歪みの少ない広角ツァイス テッサーT*24mm、F4.0固定の単焦点レンズを採用。このサイズながら、ディテールの表現力が実にシャープなんです。

 

 

画像:ソニー「DSC-RX0」撮影例

同機種で湯浅さんが撮影。(シャッタースピード:1/640sec、絞り:F4.0、ISO:125、撮影地:東京都芝浦)

 

 

とは言え、単焦点レンズなので撮影シーンはかなり限られるのも事実。遠くの被写体はもちろんですが、50cm以内の近距離撮影もできないので、そこを許容できることが前提(笑)。

 

スマホの普及でコンデジ自体の活躍シーンがめっきり減ったけど、これはプロダクトとしての面白さがあるし、いつでもどこでも持ち運べる気軽さもある。新世代のコンデジとして、ガジェットが好きな男性には特に“イチオシ”したいですね。

 

 

画像:ソニー「DSC-RX0」

DATA

SONY┃DSC-RX0

センサータイプ:1.0型(13.2mm x 8.8mm)Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2

総画素数:約2100万画素

有効画素数:約1530万画素

レンズタイプ:ZEISS テッサー T*レンズ(レンズ構成:6群6枚)

F値(開放):F4.0

焦点距離:f=7.7mm

撮影距離:約50cm-∞

ISO感度(静止画):Auto(ISO125-12800)

ISO感度(動画):Auto(ISO125相当-ISO12800相当)

サイズ:59.0×40.5×29.8mm

質量:約110g(バッテリーメモリーカードを含む)

 

バナー|別売アクセサリーもチェック! ソニー「DSC-RX0」の詳細はコチラ

【湯浅立志のイチオシアイテムをチェック】

≫≫≫LEICA「ライカQ」――なぜ写真家たちはこの一台に憧れるのか

 

>>> この連載のトップに戻る

 


 ▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中~

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

この情報は2018年9月18日現在のものです。

TOP