連載
All About「メンズファッションニュース」ガイド宇田川雄一さんのイチオシ

「シックストック」のソックス――「スニーカー&革靴いずれも好相性。足もとがオシャレにまとまる大人ソックスです」

写真:高橋宏樹   文:平格彦  スタイリング:宇田川雄一

 

宇田川 雄一

メンズファッションニュース ガイド

宇田川 雄一

スタイリスト。大学を卒業後、2008年アシスタントを経てフリーになる。Web、雑誌、広告、PV、ショートフィルム等で活動。特にファッション小物が得意で靴や革小物の豊富な知識には定評あり。

 

■「靴下が残念だとオシャレも台無し。だからこそちゃんとしたモノを」

 

宇田川さんがスタイリストとして残念に思っているのは、靴下で手を抜いてしまっている男性がけっこう多いこと。コーディネートの中でも疎かにしてしまいがちな靴下だが、せっかくのオシャレなコーディネートも台無しになりかねない。最近は「ハッピーソックス」や「タビオ」といったオシャレなソックスブランドが増えているので迷わず活用すべき。

 

「靴下に気を使うといっても派手でオシャレなら良いというわけではありません。とくに大人の男性は。その点、『シックストック』はバランスがちょうどいいんです。ありそうでなかったデザイン。アピールし過ぎないけど、ちゃんと個性もあるという印象ですね」

 

今年デビューしたばかりの「シックストック」はソックス専門のドメスティックブランドだ。最大のウリはデザイン性で、ライン使い、カラーブロック、鮮やかな発色を駆使したアイテムが定番だ。

 

「靴を履いたときに見える部分は薄くて上品。微かな光沢がモードっぽい雰囲気も感じさせます。アウトドア用のソックスほど分厚くはないんですが、必要なところは厚みがあってクッション性も抜群です」

画像:昨今人気の白いソックスも、上質感の「ある「シックストック」の靴下なら周囲と差がつけられる

昨今人気の白いソックスも、上質感のある「シックストック」の靴下なら周囲と差がつけられる。「品のある革靴にくたびれたソックスを合わせるのはもったいない。足元は目に付くので、靴下まで手を抜かずにこだわってみてください!!」

 

 

「シックストック」の機能的な特徴は主に3つある。まずは、つま先、かかと、足底にパイルを入れて的確なクッション性を確保。また、甲を一周するゴムがフィット感を高め、靴の中でズレないように配慮している。さらに、締め付けの少ない長めのリブにより、ずり落ちないけどソックス跡は残りにくいという絶妙なバランスも実現した。

 

「履き心地が良いので無地のオフホワイトもよく使っています。モードっぽい質感と相性が良いハイテク系のスニーカーを合わせて履くのが定番的な組み合わせのひとつ。『リーボック』のポンプフューリーとかに合わせてます。

 

それと、ローファーを合わせてアイビー調の足元にまとめるのも定番です。微かな光沢が上品なので、『オールデン』などの上品な革靴にもマッチしますね。個人的にはソックスをクシャクシャにして履くのも好きなので、あえてクシャッとして無造作な感じで履くことも多いですよ」

 

画像:CHICSTOCKS(シックストックス)|ソックス

ライン使いやカラーブロックが特徴的。派手すぎず無難すぎないバランスのデザインが絶妙だ。素材はアイテムによって異なるが、柄物はコットンがメインで無地はシルク混紡。いずれもストレッチ性があり、ソフトな肌触り。「大人にピッタリのブランドだと思っています。まだ新しいブランドなので、いち早く試してみてほしいですね」

 

 

DATA

CHICSTOCKS(シックストックス)|ソックス

価格:各1944円(税込)

問い合わせ:NO DESIGN

TEL:03-6677-7208

バナー:「シックストック」のソックス その他のバリエーション&ショップリストはこちら

 

◆スタイリスト宇田川雄一さんイチオシ! その他のアイテムをチェック

【テバ×スノーピーク】今季イチオシのサンダルはコレ

【サングラスホルダ―】いま話題のブランド「ディフューザー」

【ヴィンテージスカーフの着こなし】Tシャツ姿がグッとサマになる!

 

 

>>> この連載のトップに戻る

 


 ▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中~

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

この情報は2018年9月17日現在のものです。

TOP