連載
All About「メンズファッション」ガイド平格彦さんのイチオシ

ニューバランスの「MW880B」――「人に教えたくない異次元の履き心地」

写真:高橋宏樹   文:平格彦

平 格彦

メンズファッション ガイド

平 格彦

[着こなし工学]ファウンダー、ファッションコンセプター、エディター、ライター。出版社を経て独立。『Men’s JOKER』などで執筆を続ける一方、個人メディア[着こなし工学]をスタート。メンズファッションに関わってきた約20年の知見をベースにしつつ、着こなしの方法を科学的、多角的に分析して体系化している。

 

■「人とカブりたくない! その一心で見つけたスニーカー」

 

2~3年ほど前、スタイリストがみんなアディダスの「スタンスミス」を履いているような時期があった。自分もカスタマイズしたタイプを愛用していたが、あまりにも履いている人が多いので、カブりたくなくて履くのが嫌になってしまったほどだ。

 

そこで改めて考えたのが、流行ばかり追っているのがおしゃれなのか、人に評価されるアイテムを選ぶことがおしゃれなのか、といったことだ。いろいろと意見はあるが、結論としては自分の物差しで自分が本当に良いと思うものだけを愛用しようと考えるようになった。

 

スニーカーに関しては、履き心地に直結するフィット感やクッション性を重視するのが自分なりの基準。さらに自分の好みを突き詰めた結果、スリッポンタイプか「BOAシステム」を搭載したタイプしか選ばないようになった。なぜなら、靴ひもを結んだりほどいたりするのが面倒だからだ(ちなみに「BOAシステム」とは、ダイヤル操作によって手軽にフィット感が調整でき、着脱が容易なクロージャーシステムのこと)。

 

画像:ニューバランス┃BOA搭載ウォーキングシューズ「MW880B」

タンの中央のダイヤルを押して回すとフィット感が高まる。また、スニーカーを脱ぐ際はダイヤル部分を持ち上げるだけでOK。ダイヤルがデザイン上のアクセントにもなっていて、レトロフューチャーなデザインが個人的に気に入っている

 

 

『どこのスニーカーですか?』と聞かれても、ホントは教えたくない(笑)」

 

そんな観点で行き着いたスニーカーのひとつがニューバランスの「MW880B」だ。実は、ファッション性が高いライフスタイルカテゴリーなどのスニーカーではなく、ウォーキング用のモデル。だからこそ機能性は抜群だ。

 

具体的には、軽量でクッション性に優れた「レブライト」と、カカト部分の「アブゾーブ」が着地時の衝撃を確実に吸収。長時間ずっと歩いていても疲れを感じたことはない。タンの部分にもクッション材が入っているため、甲の触感がソフトなのも見逃せない長所だ。

 

画像:ニューバランス┃BOA搭載ウォーキングシューズ「MW880B」

「ニューバランス」独自のミッドソール素材、レブライトを使用。驚異的な軽さとクッション性、耐久性を兼ね備えている。ウォーキング用のモデルということで他の機能性も抜群。見た目だけのスニーカーとは次元が異なる履き心地だ

 

 

そして何より、レトロフューチャーな面持ちのデザインが自分の好み。個性はあるのに派手なカラーリングではないため、シックで大人なスポーツミックススタイルを築くのに最適だ。どれくらい気に入っているかと言えば、メンズ用の3色をすべて揃えてしまったほど。本当は、仕事の現場でスタイリストやカメラマンに「そのスニーカー何ですか?」と聞かれても、何も教えたくない(笑)。

 

誰ともカブりたくなくて見つけ出した自分だけの逸足だが、本当に好きなスニーカーなので、今回は特別に詳しく紹介してみた。

 

画像:ニューバランス┃BOA搭載ウォーキングシューズ「MW880B」

ネイビー×ホワイトのほか、ブラック×ホワイト、ブラック×ブラックという3色のカラバリをラインナップ。それも落ち着きがあってオールマイティに使えるが、その日のコーディネートに合わせてカラーを選んでいる

 

 

DATA

ニューバランス┃BOA搭載ウォーキングシューズ「MW880B」

参考価格:1万4800円(税別)

カラー:ブラック、オールブラック、ネイビー ※写真のカラーはネイビー

 

バナー:ニューバランス「MW880B」 カラバリはこちらでチェック

 

>>> この連載のトップに戻る

 


 ▼多忙な毎日の熱量補給に。~For M「メルマガ」配信中~

キーパーソンのインタビュー、ファッションTips、美女ギャラリーなど、最新コンテンツの更新情報&編集部が厳選したヒット記事を毎週お届けしているFor Mの「メルマガ登録」はコチラから!

この情報は2018年8月27日現在のものです。

TOP