連載
クラフトビールの新潮流 第2回:TOKYO隅田川ブルーイング

アサヒビールが「TOKYO隅田川ブルーイング」に賭けたクラフトビールの可能性

2014年にスタートした、キリンビールの「スプリングバレーブルワリー」プロジェクトを皮切りに、大手メーカーがクラフトビール事業へ参入。コンビニやスーパーで、各メーカーの造る商品を頻繁に見かけるようになった。
 

そして、「アサヒスーパードライ」などの主力商品を持ち、ビール系飲料でシェアナンバー1を誇るアサヒビールも、2017年7月、直営店のみで提供していたクラフトビールを外部の飲食店への販売を開始するなど、クラフトビール事業への本格参入を表明した。「茨城マイクロブルワリー」の新設、本社隣の「隅田川パブブルワリー」の改装など、合わせて約10億円の設備投資を行ったことは、ビールファンの間で大きな話題となった。

 

アサヒビールは1994年に地ビール製造会社「株式会社隅田川ブルーイング」を立ち上げ、「東京第一号の地ビール」を生み出したパイオニアとして、このタイミングで、改めてクラフトビール事業を強化した目的とは何なのか。ビール業界を牽引してきたアサヒビールが考えるクラフトビールについて、「アサヒビール株式会社」開発プロジェクト部部長の藤本健氏に話を聞いた。

 

撮影:貴田茂和 文:橋村望 取材協力:TOKYO隅田川ブルーイング

TOKYO隅田川ブルーイング

アサヒビール

TOKYO隅田川ブルーイング

1994年、「アサヒビール」は地ビール製造会社「株式会社隅田川ブルーイング」を新設し、同市場へ参入を目指す小規模ビール事業者約40社の支援を開始した。その翌年1995年には「東京第一号の地ビール」を醸造・提供を始めた。そして、2017年7月の「アサヒビール」のクラフトビール事業本格参入に際し、新ブランド「TOKYO隅田川ブルーイング」の商品を提供するフラッグシップ店として、同名の店舗をリニューアルオープン。

 

 

画像

「アサヒビール株式会社」開発プロジェクト部の部長を務める藤本健。商品開発やマーケティング業務を経て現在は商品開発を担っている。「TOKYO隅田川ブルーイング株式会社」取締役を兼務

 

 

 

■生産量はこれまでの5倍を目指す

 

アサヒビールのクラフトビール事業強化の要となるのは、これまでのクラフトビール事業で培ったノウハウとアサヒビールが持つ技術力。1994年に発足し、翌年から醸造をはじめ、これまでアサヒグループ傘下の直営レストランのみで提供されてきた。今回、改めて注力した背景には、どのような理由があるのだろうか。

 

「クラフトビール事業を強化したのは、弊社の樽生商品をお取り扱いいただいている飲食店様から、クラフトビールのような個性的な味わいを求める声が増えたことが大きな要因です。そのご要望に応えるために、新ブランド『TOKYO隅田川ブルーイング』を立ち上げ、高品質の商品が提供可能な体制を構築しました。クラフトビール事業を強化していくことで、ビール自体の価値が向上すると考えています」

 

2017年9月に新設した「茨城マイクロブルワリー」では、ビールの鮮度を維持する抗酸化製法などアサヒビールが持つ最先端の技術を盛り込み、外部の飲食店向けに「TOKYO隅田川ブルーイング」の基幹3商品「ケルシュスタイル」「香るヴァイツェン」「ビタースタウト」を醸造・販売を開始。生産量をこれまでの約5倍に高めると表明している。

 

 

Next≫≫≫「TOKYO隅田川ブルーイング」のパブブルワリーとしての強み

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP