連載
転ばぬ先のメンズビューティ

薄毛と遺伝は関係アリ! 男が薄毛になりやすい理由

AGAはヘアサイクルを乱して薄毛へと導く“病気”である

 

「たしかに、薄毛に遺伝は関係しています。XとYの染色体って聞いたことがあると思いますが、母方しか持っていないのがY染色体で、そこに薄毛に関わる遺伝子が組み込まれているため、お母さんから遺伝すると言われているのです

 

髪の毛は伸び続けるわけではなく、どんどん伸びる成長期を2~6年過ごしたあと、成長が止まる退行期、抜け始めて次に生えるまでの休止期を迎え、また成長期……と長いスパンにまたがってヘアサイクルを繰り返している。

 

AGAだと成長期が数ヵ月~1年で終わってしまい、育つ期間が短いため細毛になり、すぐ退行期・休止期がやってくるから頭皮が透けて見えてしまうのだ。ヘアサイクルが乱れるAGAとはれっきとした“病気”だと長内さんは強調する。

 

「男性が薄毛になりやすい原因は、男性ホルモンの変化です。毛根の中に『髪よ伸びろ』と司令を出す部位があるのですが、そこにAGAを引き起こす『5αリタクターゼ』という酵素が含まれていて、それが男性ホルモンを『毛根を縮めろ、退行期になれ』と命令を出す悪玉の男性ホルモンへと変えてしまうのです」

 

「5αリタクターゼ」は頭頂部と前頭部のみにあるので、そこを中心に薄毛になる。サイトやえり足が薄くならないのは、そのためだ。

画像:13代目スカルプDのボトルは毛根をイメージしたデザインになっている。毎年、中身だけでなくボトルのリニューアルも行っている

13代目スカルプDのボトルは毛根をイメージしたデザインになっている。毎年、中身だけでなくボトルのリニューアルも行っている

 

 

AGAの予防と治療ではコスト的に予防のほうが断然安い

 

AGAの治療にはクリニックへの通院が必要で月に2~3万円がかかると言われている。これでは経済的な負担や通院の手間が大きいので、日々の予防が重要となるわけだ。

 

「もし母親の家系が薄毛だったとしても、諦める必要はありません。遺伝的にはマイナスであっても、毛が生えるのに適した頭皮環境に整えることができるというのが『スカルプD』の発想の原点なのです」

 

「スカルプD」は3900円と市場のなかでは高い価格設定だが、1本で約2ヵ月持つので1日あたりにかかる費用は約60円となり、将来的なコスパは断然安い。

 

予防が大切というのであるなら、毎日のケアが重要である。どのような方法が理想なのだろうか?

 

≫≫一度だけのシャンプーでは頭皮の汚れは落ちていない

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP