連載
メンズビューティの是非を問う~ラロッシュポゼの場合~

日焼けは夏だけじゃない! 紫外線の猛威は一年中降り注いでいる

日焼け止めアイテムはPA値の+の数を見るべき

 

木村:紫外線ケアは1年を通して行うものと言って過言ではありません。もうスキンケアの一部として考えていただいたほうが自然だと思います。

 

吉田:紫外線は季節によって量こそ違っても、ずっと降り注いでいるわけですからね。

 

木村:日焼け止めアイテムを選ぶときに注目をしてほしいのが、SPF値とPA値。これはどの日焼け止めアイテムのパッケージにも書いてあります。特にPA値は、シミやシワの原因となるUVAカットの目安となる値です。+が多いほど、UVAをカットする働きが高く、今のところ、PA++++(ピーエーフォープラス)が最高値です。

 

吉田:PA値が高いものは、日焼け後に肌を黒くするUVBをカットするSPF数値も高いものも多いので、どちらからも肌を守ることになるんですよね。結局はどちらも値の高いもののほうが良いです。

 

木村:そういうことになります。以前は数値の大きい日焼け止めは肌に負担をかけると言われていましたけど、今はそんなことはないんですよ。

 

吉田:日焼け止めアイテムに含まれる紫外線吸収剤が肌のかぶれを引き起こすんですよね。だから昔は夏しかつけなかった方が多かったと思うのですが、今は、吸収剤でもかぶれないものが開発されて、肌トラブルを引き起こすケースが減ったので使用しやすくなりました。中でも「ラ ロッシュ ポゼ」さんの日焼け止めはすごく性能が良いので、患者さんにもオススメしていますし、毎日私も使っています。

 

木村:敏感肌のための製品なので、肌への負担に対しては徹底的にこだわっているんですよ。

画像:『ラ ロッシュ ポゼ』BBクリーム

クリニックへは友人の紹介で来院する男性が多いそうだ。肌の悩み以外にも、頭皮の悩みを抱えた方も来院する

 

紫外線ケアをしながら美肌に見せるBBクリーム

 

吉田:「ラ ロッシュ ポゼ」さんの日焼け止めアイテムのなかには、肌悩みをカバーしてくれるものもありますよね。

 

木村:はい。BBクリームタイプのもので、「UVイデア XL プロテクションBB」ですね。

 

吉田:BBクリームと言うと、10年くらい前に韓国製のものがすごく流行ったときがあって、そのときはBBクリームが原因でニキビに悩む人が増えました。本来、肌悩みを隠したいからBBを塗るのに、それによってニキビが増えるという悪循環。テクスチャーは、かなり油分が多くて驚きました。だから当時は、BBはつけないでねってアドバイスをよくしていましたよ。

 

木村:BBクリームのBBは“ブレミッシュバーム”の略。直訳すると“傷を隠す軟膏”という意味です。もともとは美容施術後に傷や赤みが出ているときに塗る軟膏としてドイツで生まれ、その後韓国でレーザー治療した患者が愛用する事で話題になったんです。

 

そのあとで、日本でもBBクリームがたくさん出てきて、美容効果も紫外線対策もアンチエイジングもいろいろと追加されていてコンセプトが曖昧になってきました。そこで「ラ ロッシュ ポゼ」は原点に戻って、皮膚科に通う敏感肌の患者さんが使えるように開発をスタートさせました。

 

吉田:そうして生まれたのが「ラ ロッシュ ポゼ」さんのBBクリームなんですね。

 

木村:はい。メインの機能は日焼け止めと、シミ、吹き出物、赤ら顔を隠すことです。塗ることで、肌が補正されてきれいに見えますよ。素肌感があるので、わざとらしさがないのが特徴です。男性でも、くまや吹き出物など肌の悩みを隠すのに使いやすいですね。

 

 

≫≫スキンケアは靴のケアと一緒?

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP