連載
消えたオトコ社会 生きづらい世界で俺たちは

死ぬまで退屈だなんて、そんな不快な人生はイヤだ

■六本木あたりで高いワインを開けてるのは不安だからでしょ?

 

二村:下田さんは「YouTube」に飲み会のコール動画(※1)を上げたりしてパリピ(パーティピープル)っぽい印象があるけど、ご本人には成功の証としての「一流の人たちと高層タワーマンションでウエ〜イ」みたいな志向はないですよね。そういうの退屈だと思うタイプでしょ?

 

下田:超退屈、さっさと家に帰りたいです!

 

二村:六本木ヒルズの上のほうの階で、ろくに味もわからないのに高いワインを開けている人たちって、不安なんだと思うんですよ。いつ稼げなくなるか分からないからこそ「新自由主義」的な感覚に浸ろうとする。稼げているのは自分の実力、パーティやれるのは自分の実力って思い込もうとする。

                                      

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」を中心としたダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」の歌って、それをネタにしてるんだと思うけど、あれをマジに受け取っちゃうのは、ちょっとヤバい。

 

下田:私の自宅にはミラーボールもあるし、その辺のパーティよりも仕上がっていると思いますよ。高層タワーでワインを開けて「PERFECT HUMAN(※2)気取るくらいなら、もっとブッとぶような設備を組みますね。私のパーティ感というか快適さは、ヒルズ族的なことではないです。

 

画像:死ぬまで退屈なんてそんな人生は嫌だ(下田美咲)

「好きなこと=投資してきたこと」を突き詰めればお金も稼げる

 

二村:そもそもどんなスタイルであれ、自分から幸せになろう、楽しくやろうという意思がないと、快適な生活や仕事を味わうことはできない。一方で、そのやり方が分からない人が多い。そういう男たちに、どういうふうに伝えればいいと思いますか?

 

下田:うーーーん。とりあえず、「自分の好きなことから始めれば?」って思いますね。趣味や好きなことを誰しも持っているでしょ? それってお金や時間を費やしてきたことだから、熱量や知識がある。

 

二村:好きなことを突き詰めれば、お金も稼げるはずですよね。

 

下田:稼げますよ! だって、そこにずっと投資してきたわけだから。

 

二村:僕の場合、ずっとエロいことばかり考えていたら、いつの間にかAV監督になってしまった。エロいことを探求しているうちに「女の子は何を感じ、考えているのか?」に興味が移って、だんだん仕事の幅が広がってきた。

 

僕も下田さんも「運が良い」と言われればそうなのかもしれないけど、舵を切って自分を運の良い方に向けることは、しましたよね。

 

下田:舵は切りましたよ。でも、「運が良い」って話をしてしまうと、私なんて掴めた「運」以上に逃したチャンスのほうが100倍多い。結局、実力がないと運があっても逃すんです。もし私に実力があったら、ここにも、あそこにも行けたよなって思う。「運」は言い訳にならないし、運だけあっても意味がない。

 

二村:そりゃそうだ。

 

下田:私は人生の判断軸を「快・不快」に分けていて、その意味で言うと、私の一番の「不快」は退屈なこと。遊園地の2時間待ちの行列も苦痛なのに、退屈のまま寿命まで待たなくちゃいけないなんて長すぎる。そこから逃れるためには「快」を求めるしかない。

 

二村:独身での「快」をほとんどやり尽くしたから、今は結婚もして、次は子どもを産もう、となったと。

 

下田:そうそう。遊び尽くしましたから、後悔はないです。

 

※1:飲み会コール動画……企画・脚本・撮影・出演・演出・監督・編集をすべて下田本人が行った下田美咲の動画プロジェクト「SMDP」にて飲み会コールの動画が「YouTube」に公開されている。現在では1000万回再生を記録。

※2:PERFECT HUMAN……「RADIO FISH」が2015年12月にリリースした曲。クセになるリズムと独特の振り付け、メンバーの中田敦彦を崇める歌詞が特徴的。

 

≫≫残業をしているようじゃ二流

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP