連載
消えたオトコ社会 生きづらい世界で俺たちは

「男らしさ」も「女らしさ」も結局は同じこと

女性に寄り添い、文字通り“裸の付き合い”をしてきたアダルトビデオ監督・二村ヒトシほど、女性の本音を知る者はいない。“男でありながら女性の代弁者”という稀有な存在が辿りついたのは、「男も女も微塵も差がない」ということだった。

 

かつて社会は「男の社会」と「女の社会」という2つの均衡した世界だったが、今は女性の社会進出により「男女の社会」と「女の社会」に変わった、と二村ヒトシは語る――。

 

アダルトビデオ監督という肩書きを持ちながら、ジェンダー論を展開してきた二村が、各界のキーパーソンを訪ね、現代の男たちが抱える生きづらさの正体を探っていく。

 

●●●

 

前回の対談では、現代の男のカッコ良さの基準は昭和時代と変わっていない、そして当時の男たちに比べ、現代人の怒りはより短絡的で、「生きづらさ」の原因にもなっているのではないかと議論が深まった。

 

精神科医・名越康文との対談第2回目となる今回は、「男らしさ」と「女らしさ」の違和感を語る。男と女の違いとは一体なんなのか? 勢い良く転がり出した論戦はこの2人だからこそ到達しえた次元へと展開する。

 

撮影:山田英博 文:富山英三郎

二村ヒトシ(にむら・ひとし)

AV監督

二村ヒトシ(にむら・ひとし)

1964年、東京都出身。慶應義塾大学を中退後、AV男優から監督に。痴女やレズビアン、女装子、ふたなり等ジェンダー(性的な役割)を越境する作風を得意とし、メーカー「MotheRs」「美少年出版社」を主宰。恋愛関係の書籍も多数あり、『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』『すべてはモテるためである』(ともにイースト・プレス)などほか。働く女性のための結婚相談サービス「キャリ婚」にて、現在恋愛相談を行っている。

名越康文(なこし・やすふみ)

精神科医

名越康文(なこし・やすふみ)

1960年、奈良県出身。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。臨床に携わる一方でテレビやラジオ、雑誌などでも活躍。映画評論や漫画分析なども得意。著書に『僕たちの居場所論』(共著/KADOKAWA)『『男はつらいよ』の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』(日経BP社)などがある。

■男は「男が弱いものだ」と夢にも思っていない

 

二村ヒトシ(以下、二村):セクハラされるとか、子どもを産んだ後の復職がしづらいとか「女性の生きづらさ」と、不景気で収入が減ったみたいな「日本人みんなの生きづらさ」っていうのは、けっこう語られていて、少なくとも表面的には共有されてきました。問題が共有されてるからといって改善に向けて動いているとは限りませんが……。

 

一方で「男の生きづらさ」っていうのは、なかなか話題にされにくい。最近になって、やっと、ごく一部で語られ始めてきた気がするんです。

 

名越康文(以下、名越):それが男性に届けば良いですよね。

 

二村:そう思います。でも、男性自身が「男であることは、生きづらい」と言い出しにくい空気がある。女性からも男性からも「何言ってんだ」って思われちゃう。そもそも男は「男が弱いものだ」とは夢にも思ってないですよね。

 

そう認識した瞬間に、すべてが停止しかねない。「男はつらいよ」って言葉がありますけど、それを自分のこととして言う人は、わりと一種のヒロイズムに酔ってるでしょう? 「仕事が辛い」とか「モテなくて悲しい」とは言えても、「男であることが辛い」とは言えない。

 

辛がるかわりに、いばったり自慢したり、上から目線で人の悪口を言うことでストレスを解消しようとする男も多い。「男らしさ規範」というより、無意識の「男であらねば規範」が、そうとう男性を苦しめてるんじゃないでしょうか。

 

名越:本当にそう思います。

 

二村:僕は男も女も、それぞれ「男であろうとすること」「女であろうとすること」から自由になったほうが生きやすいよ、って思うんです。そこで変に頑張らなくても、良い意味で「男らしく」「女らしく」、かっこ良くあることは可能だし、世の中も回っていく。性別を均一化させようと言いたいんじゃないんですよ。女らしい人、男らしい人は、ちゃんといたほうがエロいし。でも男らしさと女らしさは流動的で、いくらでも交換可能なのです。

 

名越:二村さんは著書『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか(※1)では、「男らしさとは他人に優しくできる人のことで、女らしさと同じ」と書かれていましたよね。

 

二村:はい。その話の前提として、下ネタを話させてください(笑)。僕は普通の男性に女装をしてもらって、プロのメイクアップ技術で美しい女性に仕立て上げるAVを、毎月撮っているんですが、男の子たちが撮影中に乗ってきて、どんどん女っぽくなっていく。最終的には男優さん相手にエッチなことをしたがるようにも、女性みたいに感じまくるようになる。美しくなれたというナルシシズムによって精神がメス化していくんです。

 

名越:そういう作品のほうが、おもしろいと思う!

 

二村:僕自身も某イベントで、つい女装をしてしまったんですよ。そこにいた変態の紳士にお尻を撫でられて、そのおじさんがすごく嬉しそうにしていたので、感動して僕も嬉しくなったんです。求められている感じというか「俺の変態的な欲望が、役に立っている! 彼の欲望を喜ばせている!」という感覚。

 

名越:めちゃくちゃよく分かる。それは精神分析的ですよ、求められることの喜びってすごいから。

 

二村:麻薬的ですよね。危険な快感でもあるというのも自覚しています。

 

これは統計をとったわけではないので監督としての僕の体感ですが、近年、AVに出る女性の一番の動機は「お金」でも「好奇心」でもないことが多い。じゃあ何かというと、承認欲求。

 

彼女たちは現代社会で普通に女性として生きていて、「女性だから」という理由で評価されたり人に喜ばれるということが、ほぼないわけです。親や世間からは「女としての優等生であること」を強制され、子どもを産むことや家族のために家事をすることは「あたりまえ」とされてしまっている。

 

女であることを肯定されるのって恋愛の初期の瞬間くらいですよ。その恋愛も、相手の悪いところがだんだん見えてくると「どうしてこんな男のために、私は私の女性性を働かせ続けなければならないのだろう……」と感じられてきてしまう。

 

名越:たしかにそうですよね。

 

二村:ところが、僕たちAV業界の人間は、女優さんが「女性としてエッチなことをしてくれること」を全肯定します。褒めるだけじゃなくギャラも払うし「君の映像は、多くの男性を喜ばせるよ」とも言います。だからAV女優に向いている女性、エッチなことが大好きな女性は、AV女優になることで本当に生き生きとします。

 

でも中には、人前でエッチなことをするのが本当はイヤなのに「有名になれるよ」という甘い言葉に乗せられてAV女優になってしまう人もいます。個人的には、そういう女優さんに減ってほしいと心から願う。

 

たとえば料理をするのが嫌いなのに、ハイスペックな男性に承認されて“良い結婚”をするために料理教室に通うとか、ヤリチン男に浮気されないために本当はするのがイヤなオーラルセックスをがんばるのも、承認欲求です。誰かから認められないと生きていけない人間は弱点を利用されているし、「あくまでも受け身で、愛されてこその女性性である」という日本の教育を受けてしまったせいもあるんじゃないかと。

 

名越:そうですよね。セックス特集もファッション特集も、すべて人の気持ちに応えるための「愛され&モテ」。受け身ですね。

 

二村:やりたくてやっているなら、いいんです。本当はやりたくないのに承認欲求や不安に駆られてやっていると、必ず病んでいく。

 

名越:たまにやってみようかな、ぐらいで良いんですけどね。

 

 

■大事なのは、欲望に素直な行動で相手に喜ばれること

 

二村:心理的に異性に変身していくAVを撮って思うようになったのが、男も女も性器以外は、実はあんまり変わらないんじゃないかということ。

 

女性にフェイクのおちんちんを生やさせたり、男性をメス化させたりすると、本人たちが今までとは違う興奮を得るようになっていく。男はこう、女はこうふるまうべき、という規範ではなく、それ以外でも興奮できるようになる。固定概念から解放されたエロスほど、エロいものはないです。

 

そういう経験をすると、従来の「男らしさ」「女らしさ」というものは、対立するものではないんじゃないか? と思えてくるんです。

 

名越:はい。

 

二村:「男らしさ」の本質は「自分のやりたいことで他人を喜ばせる。見返りを求めないで自分の力を他人のために使う」こと。つまり「他者に優しい」ことです。それって「女らしさ」と同じですよね。

 

同じ優しさが、男性性のエネルギーを使うと「男らしい」と言われ、女性性のエネルギーを使うと「女らしい」と言われる。「男らしさ」と「女らしさ」は根っこは同じものなんです。

 

それと対立するのは、他人のためではなく「自分のため」という動機。要するに他人から愛されなければという動機で「男であらねば」「女であらねば」と努力してしまうこと。男性ならば、出世にこだわって昇進したり、セックスをした数を誇って男同士で自慢するために、インチキな自己肯定感を得るためにヤリチンになったりするのは、男性的ではあるけれど、男らしくはない。女性であれば、婚活のために無理をして好きでもない肉じゃがを作って男性に媚びたり、多くの男性をひきつけるために楽しくもない「女磨き」の努力をしたり。

 

でも、男に生まれたのに仕事が好きではなく、家事が好きな人は、いやいや仕事をするより、楽しんで家事をやったほうが、他人を喜ばせることになるなら、男らしい。

画像:“らしさ”と“あろうとする”の違い

名越:何かひとつのプロトタイプがあると錯覚していて、そこにどれだけ近づけるかを競っているようなものですよね。それは空回りですよ。

 

二村:そう、すごく記号的なことをやっているんだと思います。逆に「男も家事や子育てから逃げてはいけない時代だ!」と思い詰めると、無理をして頑張りすぎてしまう。

 

さらにそこに被害者意識や罪悪感が絡まると、そうとう生きづらくなる。マイノリティと呼ばれる人たちの中にも、社会的な性の規範からズレてることで、自罰的になったり、「世の中は敵だ」って身を固くしがちな人がいるじゃないですか。もちろん差別と戦っていくことは正当だし大切なことだと思いますが。

 

芸人のカズレーザーさんの「不敵な明るさ」が、大好きなんですけど。彼は自分で自分の欲望をチョイスして楽しんでる感じがしますよね。「相手が男でも女でも、恋愛したくなった相手と恋愛する。自分は揺るがないし、バイセクシャルであることで傷つかない」って決めているように見える。

 

名越:「男であろうとする」人は、男に承認されようとしている。つまり、一周回ってホモソーシャル。ホモが悪いってことじゃないですよ。異性愛者なのに、男から承認を求めようとする姿勢が気持ち悪いというだけ。逆に、「女であろうとする」人は、女性に向けてアピールをしている。

 

二村:本当にそうですね。結婚していないことに劣等感を持ってる女性は、お母さんなり友人なり、同性の目を気にしている場合が多い。目の前にいる相手を愛そうとするのではなく、女社会のなかで自分がどれだけ「女として変じゃないか」が重要になってしまっている。

 

※1:『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』……二村ヒトシ著書。「イースト・プレス」より2014年出版。女性の恋愛について言及している。

 

≫≫なぜ男は男に評価されたがるのか?

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP