連載
消えたオトコ社会 生きづらい世界で俺たちは

日本は不満やストレスが押し寄せられる場所だった

かつて存在していた「男の社会」と「女の社会」――。均衡を保っていた2つの世界は女性の社会進出によって、「男女の社会」と「女の社会」に変わった、と二村ヒトシは語る。

 

「男の社会」はすでに消えてしまったのだろうか。「男たちよ、熱く活きてるか。」と謳う弊メディアの命題は、もはや男たちにとって、“熱”苦しいものとなってしまったのか。AV監督という肩書きを持ちながら、ジェンダー論を展開してきた二村ヒトシが、各界のキーパーソンを訪ね、現代の男たちが抱える生きづらさの正体を探っていく。

 

●●●

 

第1回目は、精神科医の名越康文が登場。LGBTなど多様なジェンダーが広くメディアに取り上げられるようになった現代社会に対し、名越は「カッコ良い男像については未だに『男は黙ってサッポロビール』の世界」と言葉のメスを入れる。

 

そして、その行き先を失った男たちの怒りの根源は、ユーラシア大陸から流れ着いてきたものだと言う――。本連載、記念すべき初回から、二村×名越が“生きづらい俺たち”の答えなき激論を交わす。

 

撮影:山田英博 文:富山英三郎

二村ヒトシ(にむら・ひとし)

アダルトビデオ監督

二村ヒトシ(にむら・ひとし)

1964年、東京都出身。慶應義塾大学を中退後、AV男優から監督に。痴女やレズビアン、女装子、ふたなり等ジェンダー(性的な役割)を越境する作風を得意とし、メーカー「MotheRs」「美少年出版社」を主宰する一方、恋愛関係の書籍も多数。著書に『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』『すべてはモテるためである』(ともにイースト・プレス)、『モテと非モテの境界線』(共著/講談社)、『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(共著/幻冬舎)、『オトコのカラダはキモチいい』(共著/KADOKAWA)、『男ノ作法 人生と肉体を変革させる性交法則』(共著/徳間書店)ほか。働く女性のための結婚相談サービス「キャリ婚」にて、現在恋愛相談を行っている。

名越康文(なこし・やすふみ)

精神科医

名越康文(なこし・やすふみ)

1960年、奈良県出身。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。臨床に携わる一方でテレビやラジオ、雑誌1960年、奈良県出身。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。臨床に携わる一方でテレビやラジオ、雑誌などでも活躍。映画評論や漫画分析なども得意。著書に『僕たちの居場所論』(共著/KADOKAWA)『『男はつらいよ』の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』(日経BP社)などがある。

■女性にはおちんちんが欲しいという潜在的な願望がある

 

二村ヒトシ(以下、二村):こんにちは。はじめまして、AV監督の二村と申します。

 

名越康文(以下、名越):どうもどうも、今日はすごく楽しみにしていたんですよ。僕は大のAVファンなんで。

 

二村:えっ! それはすごく嬉しいな。とは言え、僕が監督してるのは相当マニアックなものでして、たとえば「ふたなり(※1)」というジャンルを名越さんはご存知ないかと思いますが……。

 

名越:あの作品は二村さんだったんですか! 最初は本物の方だと思っていたんですけど、出る精子の量があまりにも多すぎて。これはギミックなんだって途中で分かったんです(笑)。

 

二村:名越先生を見くびっておりました(笑)。あのおちんちんは確かにフェイクなんですが、発射のタイミングは本当に女優さんがオーガズムを迎えた瞬間に合わせるようにしてるんですよ。どうしてそういうAVを撮るようになったかと言いますと、そもそも一部の女性は男根を生やしたい願望を潜在的にもってるはずだと僕は考えていまして。この話は、むしろ名越さんの専門領域だと思うのですが。

 

名越:それは精神分析の創始者フロイト博士が喜びそうな確信ですね。アドラーも男性的抗議という独特の学説の文脈ではありますが、そう論じているように記憶しています。特に深層心理学の分野では、この男根願望は女性のみならず、男性も去勢不安(※2)と裏腹に出現すると言われていますね。

 

二村:そうすると、そういう「女性なのか男性なのかあやふやな存在」を愛でたい欲望がある僕にも、やっぱり去勢不安があるということなんでしょうか? もう少し一般的なものとしては、女性側が主導権を握って男性を責める、いわゆる「痴女」というのも、15年くらい前に僕が監督した作品がおかげさまで非常に売れたからジャンルとして定着したということに一応なっています。

 

名越:僕それ絶対見てるな(笑)。

 

画像:名越康文氏インタビュー

■世界の毒が、これ以上逃げられない場所で生まれ変わる

 

二村:さて、この連載のテーマなんですが、女性の社会進出に伴って世の中では、女性の権利がいろいろと提起されるようになりました。その一方で、男性の息苦しさも以前より多く観測されるようになってきたのではないかという問題を、ゲストの方々と考えていきたいんです。

 

名越:実はね、とあるクラブのママさんと親友で。昨日、お昼にお店でコーヒーを飲みながら話していたんですよ。そうしたら、滅多に愚痴を言わない太陽のようなママが珍しく毒を吐いたんです。というのも、ママの店に来た一流企業に勤めるお客さんがベロベロに酔っ払って、ほかのクラブの悪口を言い始めたらしいんです。

 

そこまではよくある話なんですけど、今度はママの店の文句まで言い始めて、さらには上司の悪口を延々と始めたらしいんですよ。しかも、そのお客さんまだ30代。

 

二村:一流企業に勤めている若い男性でも、酔って飲み屋のママに、あまり建設的ではない愚痴を吐き出すことでしかストレス解消ができないケースがある。

 

名越:しかもその吐き出し方が異様に長くて。それを僕がまたママから吐き出されているわけ(笑)。

 

二村:そもそも社会には、なんらかの毒が必ずあって、サラリーマンの彼はその毒を受けちゃって愚痴を吐くしかなかったんでしょうが、その毒があんまりひどいと優しいママでも飲み込むことができず、さらに名越さんに向けて吐き出すしかなかった。

 

でも、今の名越さんのお話に毒はなくて、考えるべきエピソードに変化している。毒っていうのは話すことで、人から人に伝わっていくことで薄まっていくものなんですかね? それは伝える側の人柄にもよるか……。

 

名越:いま僕は笑顔で話しましたけど、もしかしたらママの話を聞いた後に犬かなんかを蹴っているかもしれない(笑)。もちろんしていないですけど、その可能性はあるわけで。そうなると薄まったかどうかは分からないですよね。

 

二村:毒を増幅してしまうことも、ありえますからね。

 

名越:いきなり大きな話になりますけど、日本ってユーラシア大陸の東の果てですよね? たとえば、ずっとずっと昔に戦争があって、負けては逃げてきて、最後は日本まで逃げてきたと。だけど、これ以上は海を渡る力がない。アメリカまでは行けないわけ。これが太平洋の大きな役割で、極東にある日本は何かしら昇華しなくちゃいけない。

 

つまり、日本は本来「逃げ恥」のような文化がない。だからこそ「逃げ恥」つまり、しんどかったら逃げていいんだよ、ということを言ってもらわないと潰れてしまうわけですよね。もう東の果てで逃げようがないわけですから。でもストレスはかかって来る。そこに禊や祓い、儀礼や祈祷を経て昇華されるという文化が発達したのではないか、という考え方もあるかなと。

 

二村:世界の毒みたいなものが、最果ての場所で生まれ変わる。それはどこか仏教的ですね。

 

名越:AVファンとして言わせてもらえれば、AVも断トツに日本の文化。ほかの国にあのセンスはないから。

 

二村:AVやアニメや漫画やゲームといったサブカルチャーもそうですが、現代日本の食文化や生活習慣も、すべてアジアから極東まで流れ着いたストレスや毒が錬金術みたいに精錬されたもので、それがまたアジアへと還って消費されていくのかもしれない。

 

名越:そうかもしれない! 中国のことは結構苦手なのに、「三国志」がこれだけ好きな民族もいないですからね。今や悪役だった曹操が一番のヒーローになっているわけで。噛みしだいて噛みしだいて、最後に残った毒さえも英雄にしている。ものすごく特殊な国ですよ。

 

※1:ふたなり……男性と女性の性器を持ち合わせた両性具有を指し示す言葉

※2:去勢不安……父親に男根を切り取られるのではないかという幻想的な不安

 

≫≫≫「男は黙ってサッポロビール」の呪い

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP