連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け

ROLLYの人生幸福論:我々の生命はたんぱく質に始まり、類まれなる強運のもとに誕生した vol.2

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画――。前回に引き続き、孤高のロックミュージシャン・ROLLYの第2回をお送りする。

 

1990年「すかんち」でのデビュー以来、独特のルックスを守り続けて、どこから見ても“我が道を行く”人物だ。幅広いジャンルの音楽に精通し、ミュージシャンとしての活躍以外にもミュージカルへの出演や、ディズニー映画『モアナと伝説の海』では吹き替え声優の座を射止め、さらに活躍の幅を広げている。

 

実は“彼のしゃべり”も音楽とルックス同様、我が道を行っているのだが、そんな彼のワイルド・サイドを『For M』の読者に、全3回でお届けしよう。

 

写真:山田英博 文:小泉庸子

ROLLY

ミュージシャン

ROLLY

京都府生まれ。本名、寺西一雄。2人の姉を持つ末っ子長男として、大阪府高槻市で育つ。1990年、ロックバンド「すかんち」のボーカル兼ギターとしてデビュー。当時はローリー寺西と名乗る。「すかんち」解散後は「ROLLY」と改め、ソロ活動をスタートした。ロックミュージシャン、音楽プロデューサーとして活動する一方、タレント、俳優としても活躍し、バラエティ番組、CM、映画、舞台などに多数出演する。2017年3月公開のディズニー映画『モアナと伝説の海』では、巨大なカニのモンスター「タマトア」の吹き替え声優の座を射止め、その多彩さぶりを証明してみせた。『天才てれびくんYOU』『ムジカ・ピッコリーノ』(ともにNHK Eテレ)にレギュラー出演中。現在、初のダブル・ライヴアルバム『ROLLY COMES ALIVE!』がリリースされ、さらに彼が参加するロックバンド「The MANJI」のNEW ALBUM『TRIPLED』のリリースが発表されたばかりだ。

■死ぬときに自分の人生を認められるか

 

今、これを読んでいるアナタは類まれな強運のもとに生まれた人だと前回申し上げました。

 

「僕は強運のもとに生まれたんだ」という意識を持って生きている人の目から見た世界と、そうではない生き方をしている人では、おのずと景色が違って見えます。

 

人が死ぬとき、走馬灯のように自分の人生を見ることになる――聞いたことがあると思いますが、あれは霊現象ではなくて、人は記憶する生き物であることの表現のひとつであると僕は考えています。

 

人間の体内にはドライブレコーダーが仕込まれていて、そこに記憶がストックされているとしましょう。

 

死んだときに、その膨大な記憶を見せられるとしたらどう感じるでしょう。

 

生きているうちは、見ないようにしていた都合が悪いところ、たとえばさぼったり、嘘をついてたり、不満ばかりを言っている自分をぜ~んぶ見せつけられるとしたら。

 

僕のイメージでは、自分の人生を見終わると、司会の細川俊之さんがあの柔らかで淡々とした声色で聞いてきます。「さぁ、あなたの人生はどうだったでしょうか」と。

 

自分だけが知っている後ろめたい記憶に悶えそうになっていると、細川さんが聞いてくるんですよ。「あのとき、手を抜きましたな?」って。

 

逆に強運の意識で生きてきた人は、常に前向きですから、細川さんは「あのとき、頑張りましたね」と言ってくれるでしょうね。そうすれば、死ぬときも自分の人生を認めることができます。

 

僕の人生はまだ終わっていません。でもこれから先、スティーブ・ジョブスにも、ビル・ゲイツにも、そしてマイケル・ジャクソンにも、敬愛するフレディ・マーキュリーのようにもなれそうにありません。

 

ですが、たったいま僕が死んでも、映像を見終わった後、細川さんに「恥ずかしいことはしてこなかった」と言える自信があります。

 

これまで自分の美意識には嘘をついてこなかったことが、僕の生きてきた証。ROLLYであることこそ、僕の生き方で大切なことなんです。

 

»»»かつてのいじめられた過去

 

 

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP