連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け

我々の生命はたんぱく質に始まり、類まれなる強運のもとに誕生した vol.1

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画――。今回ご登場するのは、ロックミュージシャン・ROLLY。

 

1990年「すかんち」でのデビュー以来、独特のルックスを守り続けて、どこから見ても“我が道を行く”人物だ。幅広いジャンルの音楽に精通し、ミュージシャンとしての活躍以外にもミュージカルへの出演や、ディズニー映画『モアナと伝説の海』では吹き替え声優の座を射止め、さらに活躍の幅を広げている。

 

実は“彼のしゃべり”もルックス同様、我が道を行っているのだが、そんな彼のワイルド・サイドを『For M』の読者に、全3回でお届けしよう。

 

写真:山田英博 文:小泉庸子

 

 

ROLLY

ミュージシャン

ROLLY

京都府生まれ。本名、寺西一雄。2人の姉を持つ末っ子長男として、大阪府高槻市で育つ。1990年、ロックバンド「すかんち」のボーカル兼ギターとしてデビュー。当時はローリー寺西と名乗る。「すかんち」解散後は「ROLLY」と改め、ソロ活動をスタートした。ロックミュージシャン、音楽プロデューサーとして活動する一方、タレント、俳優としても活躍し、バラエティ番組、CM、映画、舞台などに多数出演する。2017年3月公開のディズニー映画『モアナと伝説の海』では、巨大なカニのモンスター「タマトア」の吹き替え声優の座を射止め、その多彩さぶりを証明してみせた。『天才てれびくんYOU』『ムジカ・ピッコリーノ』(ともにNHK Eテレ)にレギュラー出演中。現在、初のダブル・ライヴアルバム『ROLLY COMES ALIVE!』がリリースされ、さらに彼が参加するロックバンド「The MANJI」のNEW ALBUM『TRIPLED』のリリースが発表されたばかりだ。

前向きな自分も、後ろ向きな自分も、自分次第

 

「ワイルド・サイドを歩け」――これはルー・リードの代表曲のタイトルですね。この企画を考えられた方は、きっとお好きなんでしょう。でも僕のような、海のものとも山のものとも知れない人間が登場して、一体ここで何を話したらいいんでしょうか。

 

え? 僕が、地球の幸ですか? 地球の幸――なるほど。ありがとうございます。

 

人間たちは地球というスノードームのなかで暮らしていますけれど、土の中から銅を見つけて青銅を作り、鉄鉱石から鉄を精製した、たとえば時計という技術を生み出して、そうこうしているうちにスマートフォンが出来ました。

 

人類の文明もそろそろ頭打ちになりかかっていますが、とはいえ、これまで想像もしえなかった新しい技術が登場してきているのです。

 

なにしろ、スマホです。

 

以前は一家に一台、黒電話がありました。キルティングのカバーがかかっていて、受話器に芳香剤が入っていたものです。たとえば女子の家にかけるとなると、食事中じゃないか、お風呂に入っているんじゃないか、お父さんが出るんじゃないかと相手のことを想像しながらダイヤルを回したものですが、今は一人一台スマホです。

 

ちょっと前まで、クルマには地図を用意しておいたものでした。ドライブに行くときはチェックしてから出かけたものです。カーナビが誕生して便利になったと思ったら、もうスマホで道も分かるようになった。

 

たとえ、すべての権力を掌握していた秦の始皇帝、彼は2000年以上前の人ですが、中国を初めて統一した人物よりも、我々、日本のいち小市民の方が物質的には格段に良い生活をしていると言えるし、贅沢に生きている。

 

そうなると人間の幸せってどこにあるのか、と思ってしまう。

 

結局、人間の真の幸せは自分の心のなかにあるのではないか、と思うわけです。これほど便利な生活をしていても幸せを感じられない人はいますし、たとえ文明の利器がなくても、幸せを感じている人もいます。すべては心の中にあるんです。

 

「オレは不幸だ。いつも認められない……それはなぜだ! アイツのせいだ!」って思って生きるのと、「オレはすごい強運の持ち主だ」って思って生きるのとは、スタートは同じで、たとえ似通ったゴールでも、その道のりがまったく違うと思います。

 

何をしていたとしても、喜びを感じられるかどうかは自分次第だし、自分しかいないですからね。

 

それとね、おもしろいもので、始皇帝の時代と現代とで地球にある物質に違いはないんですよ。こんなに文明が進んだ今でも、月や火星の素材を使ったモノなんてない。人だって昔も今も同じもので出来ているはずですよね。そう思うと、最初におっしゃった”地球の幸”って言葉も現実味を帯びてきますね。

 

≫≫≫億単位のライバルを蹴散らかして得た人生

 

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP