連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け――蛭子能収【第2回】

人生いろいろ、ゴールもいろいろ。結局は“自分にとって”何が大事かってこと Vol.2

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──今回ご登場いただいたのは、皆さんもうご存じのタレント兼漫画家・蛭子能収さん。

 

前回は「KYなのになぜか愛される理由」について「誰にも危害を加えない、邪魔をしないこと」と思わず膝を叩くような答えをくれた。今回の質問は「やりたくない仕事との付き合い方」について。楽天的なようでプロフェッショナルな蛭子さんを垣間見た……気がする。

 

写真:佐坂和也 文:山田ゴメス

蛭子能収

タレント

蛭子能収

漫画家・タレント・イラストレーター・エッセイスト・俳優・映画監督……と、活躍は多岐にわたる。1947年10月、熊本県に生まれ、上京するまでは長崎県長崎市で育つ。看板屋・ちり紙交換・ダスキンのセールスマンなどの職を経て、『月刊漫画ガロ』(青林堂)で漫画家デビュー。以降、自販機本や官能劇画誌などアンダーグラウンドを中心に、数多くの不条理漫画を執筆し、ヘタウマ漫画家としてサブカルチャーの分野において重要な役割を果たした。1980年代頃からはタレントとしてもあらゆるメディアで活躍。『蛭子能収のゆるゆる人生相談〜きれいごと、ゼロ。〜』(光文社)、『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)ほか、著書多数。

しょっぱなから「インタビュー(を受けるの)はもう飽きた……」と言い放った蛭子さん(※前回に掲載)。一応、コレも仕事であるはずなのに、とんでもない物言いである。今回はそんな問題発言をサラリと、朗らかに口からお漏らししてしまう「蛭子能収の仕事論」について。役に立つかどうかは、あなたの捉え方にかかっている!?(山田ゴメス)

 

──今さらで恐縮なんですが、蛭子さんの職業は一体なんと、ご紹介すればよろしいのでしょう……?

 

蛭子能収(以下、蛭子):聞かれたら一応「漫画家」と答えますね。一番無難ですから。「タレント」と答えるのも、なんとなく恥ずかしいし……。

 

──たとえば、『For M』読者から次のようなお悩み相談が届いているのですが、蛭子さんはコレを読んで、どんな印象をお持ちになりますか?

 

>>【質問3】やりたい仕事ができず転職を考える男性に捧げる蛭子さんのアドバイスとは?

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP