連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け

園子温、サラリーマンだから無理って言うけど、野心がないだけだよ Vol.3

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──今回ご登場いただいたのは、『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』『希望の国』……と、性、暴力、震災など“社会の暗部”に真っ向から斬り込む衝撃作で賛否両論を巻き起こし続ける鬼才映画監督・園子温さんだ。

 

第2回では園子温監督がこれまで実践してきた組織の中でやりたいことを叶えるためのふたつの“したたかさ”について詳述した。そして、最終回となる今回は園子温監督が何度も繰り返して訴える「野心」の正体に迫る。

 

写真:佐坂和也 文:山田ゴメス

園 子温

映画監督

園 子温

1961年12月愛知県豊川市生まれ。映画監督。17歳で詩人デビューし、「ジーパンをはいた朔太郎」と呼ばれ注目される。1987年自主製作の『男の花道』で「PFFグランプリ」に輝く。以後、『自転車吐息』『自殺サークル』『紀子の食卓』など旺盛に作品を発表し、世界でも高い評価を得ながら、数々の映画賞を受賞する。近作では、東日本大震災の世界を描いた『ヒミズ』(2012年)が大きな話題を呼び、第68回ヴェネチア国際映画祭で主演の染谷将太、二階堂ふみに「マルチェロ・マストロヤンニ」賞をもたらした。同年10月には原発事故に翻弄される家族を描いた作品『希望の国』を公開し、原作小説(タイトル同)も刊行。

 

インタビュー中、園子温監督は「野心」の重要性を繰り返し我々に訴え続けた。

「野心を持ちなさい」──正直言って、若い世代のビジネスマンに向けた自己啓発本では、しょっちゅう目にする“定番のアドバイス”だ。しかし、監督が語る「野心」とは、そんなやみくもで曖昧な、熱いだけの“お題目”に終始することのない、より明確な“実像”を帯びたものだった!(山田ゴメス)

 

 

■自分の環境に疑問を持ち、憤っている人はまだ救いようがある

 

僕は、「サラリーマンよりもサラリーマンじゃない人の方が、生き長らえることに精一杯で、自由を謳歌できていないんじゃないかな?」と思うことがあるんです。表現を変えれば、「サラリーマンという世界で、存分に自由を謳歌できる方法」はたくさんある。

 

「会社の中で生きる」とは、どういうことなのか──僕は「会社のなかで何かを変えてやろう!」と隙あらば機会をうかがい、爪を研ぎ続けること、その気概こそが「野心」だと考えます。

 

いつも自分の環境に疑問を持っている人の方が、まだ救いようがありますよ。日々のサラリーマン生活に何の不満も覚えない人は、たぶん伸びない。

 

たとえば、沢尻エリカは事務所の言うことを聞かず、しょっちゅうトラブルを起こしているイメージが強いけど、たいがいの女優さんはどこに出てもニコニコして、結局は黙っているだけ。内心では「こんなつまらない仕事したくない……」とかって腐っていても、です。さらには、この仕事が「おもしろいか・おもしろくないか」の判断さえできない子もいる。

 

僕に言わせれば、「現状に不満を持っていて精神的に追いつめられている人」「限界に達しかけている人」は「おもしろい人」。「テレビに出させていただいて……」「映画に出させていただいて……」程度で、いかにも満足気な態度の人たちを見ていたら「本当にそんなものでいいのかい?」と問いただしたくなっちゃう。まあ、そういう人たちを非難するつもりはさらさらないんですけど(笑)。

 

>>NEXT:衰退していく会社に多い「社員の出世パターン」とは

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP