連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け

園子温、サラリーマンだから無理って言うけど、野心がないだけだよ Vol.2

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──今回ご登場いただいたのは、『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』『希望の国』……と、性、暴力、震災など、“社会の暗部”に真っ向から斬り込む衝撃作で賛否両論を巻き起こし続ける鬼才映画監督・園子温さんだ。

 

第1回では園子温監督独自の映画との向き合い方を語っていただいた。第2回は園監督が本当に作りたい、園子温100%の映画を撮るための“したたかさ”について。これを読んだサラリーマンの読者諸氏が今一度自分自身、そして仕事との向き合い方を見直すきっかけになればと願う。

 

写真:佐坂和也 文:山田ゴメス

園 子温

映画監督

園 子温

1961年12月愛知県豊川市生まれ。映画監督。17歳で詩人デビューし、「ジーパンをはいた朔太郎」と呼ばれ注目される。1987年自主製作の『男の花道』で「PFFグランプリ」に輝く。以後、『自転車吐息』『自殺サークル』『紀子の食卓』など旺盛に作品を発表し、世界でも高い評価を得ながら、数々の映画賞を受賞する。近作では、東日本大震災の世界を描いた『ヒミズ』(2012年)が大きな話題を呼び、第68回ヴェネチア国際映画祭で主演の染谷将太、二階堂ふみに「マルチェロ・マストロヤンニ」賞をもたらした。同年10月には原発事故に翻弄される家族を描いた作品『希望の国』を公開し、原作小説(タイトル同)も刊行。

──「大きな括りで言えば、僕もサラリーマンですから」今回の“園子温語録”のなかで、もっとも『For M』取材班を混乱させた“アンチテーゼ”のひとつである。常に破天荒な作品を、奔放なスタイルで世に送り出しているイメージの強い映画監督の口から聞く言葉としては、正直違和感を感じてならない。しかし、インタビューを進めていくうちに、その発言の意図が朧気ながら見えてきて……!? (山田ゴメス)

 

■「SMAP」も総理大臣も、極論を言えばサラリーマン

 

「サラリーマンじゃない僕には、サラリーマンの気持ちなんて分からない」というのは、ちょっと違うと思うんです。

 

なぜなら、日本映画界には当然のことながら「日本映画っぽいルール」があって、そこに所属している限り、僕も決して例外ではなく、そのルールに則って仕事をしなければならないわけです。現に僕のすぐ上にはプロデューサーがいて、直属の上司が暴君だったり、あるいは役者のほうが立場が強かったり……。それこそドラマになったら、監督は現場にいればいいだけ……みたいなケースだって十分にあり得ます。

 

そして、こういった“しがらみ”が面倒だなあ……と、常に感じながらも、日本映画界の枠組みから辛うじて外れることなく、自分なりにあらゆる破壊活動を試みたり、新しいことへのチャレンジを繰り返してきました。

 

つまり、皆さんと同様、僕も「日本映画会社」で働くサラリーマンなんです。極論を言えば、「なんらかの労働によってお金を得ている人」は、誰しもがみなサラリーマン。「SMAP」はジャニーズ(事務所)に雇われたサラリーマンだし、総理大臣ですら国民に雇われたサラリーマンなのかもしれません。

 

>>次ページへ

バナー:園子温を一般企業の社員にたとえると問題児の窓際社員?
画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

この情報は2016年8月20日現在のものです。

TOP