連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け

ドン小西、人生死ぬまで修行だよ……「粋」な男を目指して自分を磨け! vol.5 【最終回】

人生の岐路で思い悩む30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──今回ご登場いただいたのは、テレビや雑誌での「歯に衣を着せない辛口ファッションチェック」でお馴染みのドン小西さん(65)。全5回へとおよぶロングインタビューの最終回はドン小西さんによる日本のメディアに対しての厳しいお言葉をご紹介しよう。図星をつかれ、戸惑う私たちだったが、今回の取材で得たものは非常に多かったように思う。

 

写真:貴田茂和 文:山田ゴメス

ドン小西

ファッションデザイナー

ドン小西

1950年10月、三重県津市生まれ。1981年、「フィッチェ・ウォーモ」設立。海外のコレクションにも多数参加するほか、税関職員、秋田銀行など、数多くのユニフォームを手がける。1991年に「毎日ファッション大賞」、1998年に「FEC(ファッション・エディターズ・クラブ)デザイナー賞」を受賞。近年では「クールビズ・ウォームビズ」名称選考委員や「伊勢志摩サミット」ロゴマーク選考委員を務めるなど幅広く活躍中。『ドン小西のファッション哲学講義ノート』(にんげん出版)、『逆境が「男」の器を磨く』(講談社+α新書)など著書も多数。

■「How To」ばかりを垂れ流す日本のメディアに物申す!

 

え? 今回が最終回だから、読者のビジネスマンに向けて、スーツの着こなしとかのファッション・アドバイスしてくれって!?

 

馬鹿言ってるんじゃないよ! それって、単なる「How To」モノだろ? だから今のメディアはダサイんだよ。

 

そりゃ、仕事の成功法や恋愛術、処世術とか細かいディテールに頼りたくなる心情も分からなくもないけど、そんな情報を嬉々として流してばかりいるキミたちが今の20代・30代をダメにしているんだよ。(『For M』の編集者を指さしながら)まずキミはそのドングリみたいなヘアスタイルをなんとかすべきじゃない?

 

海外の書店に行っても、日本みたいにHow To本ばかりが店頭に並んでいる光景なんて見たことない。「〇〇ダイエットの本」だとか、こういうのは絶対国外に出てほしくないよね。ホント恥ずかしいから。

 

最近は、結婚式のスピーチですらマニュアル化されているでしょ? しかも、「ちょっと外して笑いが取れるスピーチ」までもがマニュアル化されちゃって……。本来How Toが必要なのは「ネクタイの結び方」だとか、基本中の基本に関すること。なのに、何から何までマニュアル、マニュアルのオンパレードで……気持ち悪くならないか?

 

前に、どこかで「彼女に引かれる男のタイプ・ワースト10」って記事を読んだことがあるんだけど、「コレ、本当かよ!」って笑っちゃったよね。それもよりによって 「クルマ好き」だったり「インテリアにこだわる」だったり……全部俺のことじゃん(笑)。 中途半端な統計に振りまわされてどうするの? 人の好き嫌いなんか千差万別なんだからさ。

 

>>次ページへ

バナー:「成功のマニュアル」なんてない! そんなもの結局は後出しじゃんけんだ
画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

この情報は2016年7月20日現在のものです。

TOP