連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け

ドン小西、人生死ぬまで修行だよ……「粋」な男を目指して自分を磨け! vol.4

人生の岐路で思い悩む30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──今回ご登場いただいたのは、テレビや雑誌での「歯に衣を着せない辛口ファッションチェック」でお馴染みのドン小西さん(65)。全5回へとおよぶロングインタビューの第4回目はドン小西さんのファッション論についてたっぷり教えていただいた。

 

写真:貴田茂和 文:山田ゴメス

ドン小西

ファッションデザイナー

ドン小西

1950年10月、三重県津市生まれ。1981年、「フィッチェ・ウォーモ」設立。海外のコレクションにも多数参加するほか、税関職員、秋田銀行など、数多くのユニフォームを手がける。1991年に「毎日ファッション大賞」、1998年に「FEC(ファッション・エディターズ・クラブ)デザイナー賞」を受賞。近年では「クールビズ・ウォームビズ」名称選考委員や「伊勢志摩サミット」ロゴマーク選考委員を務めるなど幅広く活躍中。『ドン小西のファッション哲学講義ノート』(にんげん出版)、『逆境が「男」の器を磨く』(講談社+α新書)など著書も多数。

 

■ファッションさえ見れば、その人のことが分かる

 

テレビって怖いよね。「60歳過ぎてあんなド派手な男にはなりたくない」だとか「奇抜」だとか言われちゃったり……。ハタチくらいの子から「他人のファッションチェック以前に、オマエのセンスこそ最悪だ」みたいに罵られたりもしてね(笑)。

 

まあ「コレもひとつの意見」だと割り切れば腹も立たないんだけど、そういう批判ばかり口にしている今の若い人たちのファッションだって、ものすごくダサイんじゃないか? それこそ「他人のセンス以前に、キミのセンスを疑え!」ってこと。

 

とにかく「個性」というか「特徴」が説明しづらい。早い話、「自分で考える」ってことができていない、単なる「ミーハー」なんだよ。トレンドを生み出すのが役割なはずのファッション誌ですら、最近は不景気でクライアントに迎合し切っちゃっている。新鮮さが全然ない。

 

「ファッション」とは、つまりが「人の内面のビジュアル化」。ファッションさえ見れば、だいたいその人のことが分かる。個性的なファッションの人は考え方もユニークだし、エレガンスな洋服を着ている人は立ち振る舞いも上品だし、身だしなみに無頓着な人は仕事も大ざっぱ……。そう。ファッションは絶対に嘘をつかないんだよ。

 

もっと言えばファッションに敏感ってことは、時代ときちんと向き合っているってこと。そういう人間が必ず出世できるとは、さすがに断言できないけど、たとえば政治家がいくら「これからの日本は……」と偉そうに演説ぶっても、そいつのスーツがいまだに肩幅パンパンで古くさい襟の形とかだったら、「お前に言われたくねえよ!」と感じちゃうよね。

 

>> 次ページへ

バナー:「お金がない=ダサいではない」ドン小西が教える、今やるべきこと
画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

この情報は2016年7月9日現在のものです。

TOP