連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け

ドン小西、人生死ぬまで修行だよ……「粋」な男を目指して自分を磨け! vol.3

人生の岐路で思い悩む30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──今回ご登場いただいたのは、テレビや雑誌での「歯に衣を着せない辛口ファッションチェック」でお馴染みのドン小西さん(65)。全5回におよぶロングインタビューの第3回目は、ドン小西さんご自身の生き様、そして過去の失敗について熱く語っていただいた。

 

写真:貴田茂和 文:山田ゴメス

ドン小西

ファッションデザイナー

ドン小西

1950年10月、三重県津市生まれ。1981年、「フィッチェ・ウォーモ」設立。海外のコレクションにも多数参加するほか、税関職員、秋田銀行など、数多くのユニフォームを手掛ける。1991年に「毎日ファッション大賞」、1998年に「FEC(ファッション・エディターズ・クラブ)デザイナー賞」を受賞。近年では「クールビズ・ウォームビズ」名称選考委員や「伊勢志摩サミット」ロゴマーク選考委員を務めるなど幅広く活躍中。『ドン小西のファッション哲学講義ノート』(にんげん出版)、『逆境が「男」の器を磨く』(講談社+α新書)など著書も多数。

■どん底の状態から生まれた「ドン小西」というブランド

 

キミは今の人生を楽しんでいるか? 僕は、これだけは自信を持って断言できる。

 

「自分の人生のなかで今が一番楽しい!」

 

これまでもやりたいことを散々やってきたけれど、まだまだやりたいことだらけ。もちろん、ずーっと順風満帆なわけじゃない。これまで、そしてこれからもいろんな失敗を積み重ねていくと思っている。

 

29歳で独立して、いつの間にか「色の魔術師」「ニットの異端児」なんて呼ばれるようになっていた……って話は前にしたよね?

 

おかげで会社の業績も、デザイナーとしての地位もどんどん上がっていったのはいいんだけど、皮肉なことに会社の成長は、僕をデザイナーじゃなく、経営者の立場に押し込んでしまった

 

気がつけば、僕が心から信用でき、ついてきてくれる社員が周りに一人もいなくなっていて……そういう会社が健全であるはずもないよね。業績は次第に陰りを見せ始め、ある時期を過ぎると、坂道を高速で下るかのように急速に落ちていった……。

 

多額の借金、裏切りの連鎖、家庭の崩壊……これらが自分の身に降りかかる状況は、我が家が目の前で燃えていく様子を、なすすべもなくただ呆然と眺めている感覚に近かったのかもしれない。

 

まさにどん底の状態──あの頃はとにかく生きていくのに精一杯だったから、本当になんでもやった。そんなある日、どこかで辛口のファッションチェックをしたところ、メディアが注目してくれるようになった。デザイナー時代に培った独創性やバランス感覚やコーディネート能力が「他人のファッションをチェックする目」に活かされたってことなんだろう。

 

そこから日本一のファッションチェッカーとしての「ドン小西」というキャラクターが誕生し、同時に“新しい創作意欲”が湧いてきて、仕事の目的がより明確に、シンプルになった──コイツが何よりもの収穫だったね。一時期は数億円あった借金も、一つひとつできることからやっていくうちに全部返済し終えていた。

 

そう。人間っていうのは意外にしぶとくて、イザとなったらなんだって乗り越えられるものなんだよ。

 

>>次ページへ

バナー:僕は同窓会には絶対に行かない!だって……。
画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

この情報は2016年6月22日現在のものです。

TOP