連載
ビジネスマンたちよ、ワイルドサイドを歩け

ドン小西、人生死ぬまで修行だよ……「粋」な男を目指して自分を磨き続けろ! vol.1

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──加納典明さんに続きご登場いただいたのは、テレビや雑誌での「歯に衣を着せない辛口ファッションチェック」でお馴染みのドン小西さん(65)。全5回へとおよぶロングインタビューで、自身の経験や“おしゃれ哲学”に基づく、男としての「粋」について、たっぷり語っていただいた。

 

写真:貴田茂和 文:山田ゴメス

ドン小西

ファッションデザイナー

ドン小西

1950年10月、三重県津市生まれ。1981年、「フィッチェ・ウォーモ」設立。海外のコレクションにも多数参加するほか、税関職員・東武鉄道など、数多くのユニフォームを手掛ける。1991年に「毎日ファッション大賞」、1998年に「FEC(ファッション・エディターズ・クラブ)デザイナー賞」を受賞。近年では「クールビズ・ウォームビズ」名称選考委員や「伊勢志摩サミット」ロゴマーク選考委員を務めるなど幅広く活躍中。『ドン小西のファッション哲学講義ノート』(にんげん出版)、『逆境が「男」の器を磨く』(講談社+α新書)など著書も多数。

■こんな時代だからこそ、真の「クリエイティビティ」について考えてみよう

 

「なにかを劇的に変えなければ、国が滅びてしまう」

 

のっけから厳しいことを言っちゃうようだけど、僕は正直な話、今の30代の男は最悪だと思っている。

 

20代はゆとり世代、40代はバブル世代。じゃあ30代は? グレーな世代……あえて名付けるなら「不毛の世代」なのかもしれない。彼らを見ていたら、まずリスクがなさ過ぎる。痛い目に合うことに対してビクビクし過ぎ。ゆえに、刺激を求めず、自分の周辺だけで行動している男が多い。

 

バブル世代の男よりたるんでいるよね。追いつめられたらすぐ逃げちゃうし、平気で会社すらアッサリ捨てちゃうし……。なにかをやらかしたとき、自分で責任を取ってこそ、いろんなことを学び、成長できるというのに。

 

そもそも日本人自体がダサい。政治もダサけりゃ企業もダサい。見栄と虚栄心だけに縛られて、もうガチガチ。どんなことが起きても他人事で、そのくせ自分のネクタイ一本すら選べなかったりする。僕の同世代の友だちとかも、けっこう有名な大企業のお偉いさんや大臣になっていたりもするけどさ……。ジジイで鼻毛が出ていたりしていて、可愛そうだもん(笑)。TPPが本格的に始まったら、日本なんて音を立てて一挙に崩れていってしまうんじゃないかな。

 

悪い点を挙げればキリがないけど、一番問題なのは、すべてを数字で済ませてしまう上っ面だけの「マーケティング重視」な思考回路

 

マーケティングなんて、しょせんは「コピー」でしかない。イコール、「パクリ社会」、「単なる田舎者」ってこと。クリエイティビティがまったくゼロ!

 

要はデータを集めてそれを分析しているだけ。そんなの21世紀のインターネット社会では、もはや誰だってできることで、結果として似たようなモノばかりが作り出されては大量に余らせる状況をまねき、それがデフレの一因にもつながっている。なにかを劇的に変えなきゃ決して大げさじゃなく、国が滅びちゃうよ。

 

こういった危機感が、すごく顕著に表れているのがファッションの世界

 

日本のファッションは、まさに「不毛」。もう終わってる。結局はイタリアだとかフランスだとかのマーケットから、おいしい部分だけを必死になって持ってきているだけで、どんどんどんどん薄利多売になってきて……ただ「売れればいい」としか考えていない。悲しいよね。しかも、いわゆるコピーしかできない「マニュアル人間」が、とくに今の30代あたりに意外と多かったりする。そう感じるのは僕だけかな?

この情報は2016年5月2日現在のものです。

バナー:日本の未来を担う男たちよ、今こそ“真の創造力”を身につけろ!

TOP