連載
ビジネスマンたちよ、ワイルド・サイドを歩け

加納典明、上手な生き方なんて捨ててしまえばいい vol.3

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──最初にご登場いただいたのは、かつてメディア上でも「超コワモテ」のイメージでならし、73歳にして現在も写真家の枠を超えた活動領域や言動が注目されている写真家・加納典明さん。4回にわたって吹きすさぶ突風から、あなたはなにを得ることができるのか?

 

写真:小川義文   文:山田ゴメス   撮影協力:東京さぬき倶楽部(TEL:03-3455-5551)

加納 典明

写真家

加納 典明

1942年2月、愛知県名古屋市生まれ。初の個展で鮮烈なデビューを飾って以後 小説、レコード制作、DJ、TV・CM・映画出演、ムツゴロウ王国移住、8耐参戦など、写真家の枠にとらわれない数々のパフォーマンスを示す。月刊誌『THE TENMEI』が記録的な売上を果たし時代の寵児に。現在は自らの写真を利したアート作品を展開。毎年複数の写真展、アート作品展を開催するなど「100才までは現役で時代の頁を捲る写真を撮る!」と宣言し精力的な創作活動を続けている。
■加納典明オフィシャルサイト:http://tenmeikanoh.com
■加納典明Facebookページ:https://www.facebook.com/tenmei.kanoh

「ストレス」という言葉を吐いた時点でお前はもうダメだ!

 

日本っていうのはさ、俺みたいな老人になったらよ~くわかるんだけど、ビックリするほどさまざまな保障があるわけよ。ホント素晴らしい国だよな。ただ、お前らが老人になるまで、この「平等」が続くかどうかは、正直なところよくわからない。たぶん、厳しいんじゃないか? 俺はね、少々乱暴な表現になっちゃうかもしれないけど、日本人にとって今こそがこういう「平等」の在り方を考え直す、いい時期なんじゃないかと思っている。

 

もう、「一億総中流社会」の時代じゃないんだよ。世界中どこを見渡しても、そんなヌルいことほざいている国なんかないだろ? それじゃあ生き残れなくなってきているんだよ。そこで「自分は平等の中に入っていない」だとか「どうせ落ちこぼれだし……」なんてグチグチ文句言う前に、もっとやることがあるんじゃないのか?

 

そりゃあ、ひとしきり「不平等」を嘆いてから、すべてを諦観してしまえば、気分的には楽だろうさ。たとえばこうだよ。しょせん自分には妻子を養う器量もないから結婚は面倒くさい、恋愛でさえ面倒くさい、セックスだってしなくていいや、そのほうがストレスも溜まらないし……。

 

馬鹿言ってるんじゃねえよ! じゃあ、お前らはなんのために生きているんだ? 「ストレス」って言葉が出てきた時点で、すでにアウトなんだよ。「適度なストレス=刺激」は身体にも良薬になるわけだし。

この情報は2016年4月4日現在のものです。

バナー:恋愛しない、できない男は“経験”を放棄している

TOP