連載
ビジネスマンたちよ、ワイルド・サイドを歩け

加納典明、上手な生き方なんて捨ててしまえばいい vol.2

人生の岐路で思い悩んでいる30~40代のビジネスマンたちに“追い風”を与える連載企画──最初にご登場いただいたのは、かつてメディア上でも「超コワモテ」のイメージでならし、73歳にして現在も写真家の枠を超えた活動領域や言動が注目されている写真家・加納典明さん。4回にわたって吹きすさぶ突風から、あなたはなにを得ることができるのか?

 

写真:小川義文 文:山田ゴメス 撮影協力:東京さぬき倶楽部(TEL:03-3455-5551)

加納 典明

写真家

加納 典明

1942年2月、愛知県名古屋市生まれ。初の個展で鮮烈なデビューを飾って以後 小説、レコード制作、DJ、TV・CM・映画出演、ムツゴロウ王国移住、8耐参戦など、写真家の枠にとらわれない数々のパフォーマンスを示す。月刊誌『THE TENMEI』が記録的な売上を果たし時代の寵児に。現在は自らの写真を利したアート作品を展開。毎年複数の写真展、アート作品展を開催するなど「100才までは現役で時代の頁を捲る写真を撮る!」と宣言し精力的な創作活動を続けている。
■加納典明オフィシャルサイト:http://tenmeikanoh.com
■加納典明Facebookページ:https://www.facebook.com/tenmei.kanoh

■不安は「あるのが前提」として受け止めよ

 

「デキる男」っていうのは、ズバリ「動く男」のことだよ。

 

デキない男は動かない。自分で自分を見ているだけ、「自分の観客」をやっているだけなんだ。「観客」じゃなくて「主役」になれ! マウンドに立て! 人間関係上での「主役」じゃなく、意識としての「主役」。つまり、「自分の中での生存ポジションを自分で見つけなきゃならない」ってことなんだよ。まあ、これができている日本人は、俺の肌感覚だと10%も満たなかったりするんだけどね……。

 

どうすれば加納さんの言うような「主役を張れる男」になれるか、だと? そんなことまでいちいち教えなきゃならないの(笑)? 簡単さ。「歩くこと」「チャレンジすること」「ケンカすること」だよ。仕事のミーティング一つ取っても、「このひと言を口に出したらこじれそうだな……」なんて躊躇した時点でおしまい。

 

空気を破れ、“俺の空気”でまわりを包んでみろ! とにかく「空気を読まないこと」が最高の訓練法。いま流行りの「KY」ってヤツを自覚的かつマメにやっていくしかない。そのうちにお前のまわりにピラミッドができあがってくるんだよ。

 

リストラとかが怖いから……? そんなの仕方ないだろ。終身雇用なんて吹っ飛んじゃえばいいし、リストラだってどんどんやって然るべきだろうし、そうしなきゃ今どきは会社も存続していけないわけだから、やみくもに「リストラ反対」ってほざいているほうがおかしいわけで(笑)。

 

要は「負け組」というゾーンに自ら立ち止まって、見せかけの安心感に浸っているだけだろ、と。なんの手段もないってことは、結局はなにもやっていない、一歩も歩いていないわけだろ? とりあえず一歩を踏み出してみろよ

 

「不安で一歩が踏み出せない……」と嘆くのは単なる言い訳だ。俺だっていつも不安だよ。この先、身体も時代の流れもどうなるかわからないし、やりたいことだってまだいっぱいある。だけど、「不安」というフィルターは、社会との繋がりの中で消せないモノであって、それは極論「生きるための条件」なんだ。

 

不安なんてモノはね、誰にとっても等価なんだよ。そんなものに負けるな。「あるのが前提」と受け止めなきゃダメだろ! 問題はそれをどうするかに尽きるんだ。「不安が怖くて、あと一歩が……」なんていうのは「生きていない」のと同じ。「ちゃんと呼吸をしろよ!」って、俺は言いたい。

この情報は2016年3月4日現在のものです。

バナー:男の“カッコよさ”は実績からしか生まれない

TOP