連載
不惑男の“熱”時計 vol.6【後編】

「Sinn」――プロフェッショナルの“一刻”をバックアップするハイスペック腕時計 BEST 5

【前編】ではジンのブランドヒストリーやクラフツマンシップに触れたが、【後編】ではそうしたジンならではの哲学を体現する5つのモデルを厳選して紹介しよう。ジンの世界観を手軽に体感できるスタンダードかつシンプルなモデルから、救命救急士やパイロットが実際に現場で使っているプロユースなモデルまで、いずれも個性的でハイスペックな時計をチョイス。購入の手引きとして、ぜひチェックしてほしい。

 

写真:高橋宏樹   文:小泉庸子

 

ジン

ドイツ

ジン

1961年、ドイツ空軍パイロットで飛行教官でもあったヘルムート・ジンが、プロフェッショナル用パイロット・ウォッチを製造するためにドイツ・フランクフルトで創業。1994年、ローター・シュミットが経営を引き継ぐと、幅広い分野の技術の開発に着手。1997年、精鋭部隊のためのスペシャルモデル「EZM」を部隊と共同開発、ファーストモデルを発表する。EZMとは出撃用計測機器の頭文字で、これまで17モデルが製作されている。2012年、アーヘン応用科学大学航空宇宙技術学部とともにパイロット・ウォッチの技術規程「TESTAF(テスタフ)」を開発。この基準は一企業の規格に留まらず、2016年にドイツ工業規格「パイロット・ウォッチ規格DIN8330」として施行されるに至っている。

 

vol.6【後編】┃Standard Model

103.B.SA.AUTO

画像:「Sinn(ジン)」

■ジンの伝統を体現するパイロット・クロノグラフ

 

ジンの時計作りに対する基本姿勢を端的に表すパイロット・クロノグラフが103シリーズだ。基本姿勢とは、「視認性」と「精度」を“高いレベル”で装備していることにある。また、デザインは伝統的かつ普遍的な同社の根幹ともいえる意匠を受け継いでいる。

 

ここで紹介している「103.B.SA.AUTO」は、ステンレススチールケース、ねじ込み式リュウズ、ねじ込み式裏蓋といった103シリーズの基本仕様に加えて、両面無反射サファイヤガラス風防とねじ込み式プッシュボタンを装備し、裏蓋がシースルーバック仕様のハイスペックモデル。

 

両方向回転式のブラックカラーベゼルは、1960年代にドイツ空軍に正式採用されたジンのエポックメイキングなモデル「155」の機構を踏襲。特殊な技術により、衝撃を受けたり引っ掛かったりしても外れづらい構造になっている。

 

103シリーズにはこのほか、チタンケースモデル、デュアルタイムモデル、Arドライテクノロジー搭載モデルなど、バリエーションも豊富に揃う。

 

 

DATA

103.B.SA.AUTO

ケース径/ケース厚:41mm/17mm

ケース:ステンレススチール

ムーブメント:自動巻き(Valjoux7750)、パワーリバーブ46時間、ハック機能、クロノグラフ(30分積算計、12時間計)、デイデイト表示

防水:20気圧

価格:38万8800円(税込)/ストラップモデル 35万6400円(税込)

問い合わせ先:ホッタ ウォッチ&ジュエリー事業部

TEL:03-6226-4715

URL:https://www.sinn-japan.jp/103-3.html

 

 

Next⋟⋟⋟シンプルなルックスに込められたパイロットへの“気配り”

 

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP