連載
熱男式! 着こなしの王道セオリー実践講座vol.40

「KOMEHYO新宿店ANNEX」は知る人ぞ知るお値打ち品が目白押し!

2017年5月にオープンした「KOMEHYO新宿店ANNEX」は、ブランド中古品買い取り・販売の最大手「KOMEHYO」が展開するメンズセレクトショップだ。オープン以降、掘り出し物のブランド品が低価格で手に入るとして、密かな人気となっていると聞き、服飾ライター倉野路凡とともに現場に向かった。

 

 

撮影:山田英博 文:倉野路凡

 

コメ兵

KOMEHYO

コメ兵

戦後間もない1947年、愛知県名古屋市でわずか5坪の古着屋「米兵商店」からスタート。2017年創業70周年を迎え、現在全国に35店を展開。時計、衣料、バッグ、宝石などの新品・良品な中古品を豊富に取り扱い、ブランド中古品販売において業界1位の実績を誇る。中古品市場で確固たる地位を確立している。

画像:KOMEHYO新宿店ANNEX

世代に捕らわれないあらゆるブランドをラインナップ

 

2017年の5月19日にオープンした「KOMEHYO新宿店ANNEX」。店舗面積1318㎡(398坪)、取り扱い点数5000点を誇る大型店舗だが、これまでの「KOMEHYO」の店舗と大きく異なるのはメンズブランドに特化しているということ。

 

フロアは地下1階から4階まであり、地下1階はイタリアのテーラードジャケットなどのビジネスウェアと、オリジナルのオーダースーツ、腕時計、筆記具(モンブラン、ペリカン、デルタなど)、カフリンクスなど。

 

1階は有名ブランドのバッグやアイウェア、コスメ、ネクタイ、シューズの一部など。2階はカジュアルブランド。3階は「エルメス」などのインポートブランド、4階は「クロケット&ジョーンズ」や「オールデン」などの人気ブランドのメンズシューズがずらりと並んでいる。この階には買取コーナーも設置してあるので持ち込んで売ることもできる。

 

画像:KOMEHYO新宿店ANNEX

同店は、コメ兵のなかでも最大級の規模で、全国の店舗からターゲット層に合わせて集められたメンズブランド品がラインナップされている。

 

「ターゲット層は30~50代の男性で、平日はジャケパン姿のビジネスマンの方が多いですね。また、新宿という土地柄ビジネスマンのほかに学生や海外旅行者も多く、海外のお客様が約1割ですね。

 

面白いことに、立地が伊勢丹メンズの裏にあたるので、伊勢丹メンズが閉店した20時以降、客足が増えるときもあるんですよ」

 

副店長の竹内さんが教えてくれた。当たり前だが店頭に偽物はいっさいなければ、きちんとした値付け・鑑定ののち店頭に並ぶので、安心して購入できるというわけだ。商品を売るときも、店舗には真贋を鑑定する鑑定士が常時いるため、その場ですぐに判断し、買取金額を提示してくれるのだ。

 

 

Next≫≫≫全店舗の全商品を一括管理。掘り出し物に出会える場

画像:スマートフォンはそのまま“下”へスクロール

TOP